スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

色の洪水【花園街】アジアのフルーツ編

2015年2月の旅日記 vol.39

IMG_9724_b.jpg
歩いているだけで、なんだか楽しい
花園街(Fa Yuen Street)

前回は、春節の準備品で真っ赤に染まる
ストリートの様子をご紹介しましたが、
今日は、別の角度から花園街をご案内しますね。

IMG_9731_b.jpg
春節用の飾りや衣料品、
雑貨などを売るお店が軒を連ねる
花園街のマーケット。

かと思えば・・・???

IMG_9744_b.jpg
フルーツを売るお店もありました。

東南アジアでよくみかけるドラゴンフルーツや、
グループフルーツのような
柑橘類のようにも見える、
ものすごく大きい何かの実(笑)

春節には欠かせない橙(だいだい)なども。

IMG_9722_b.jpg
茶色いのはマンゴスチン。
左隣にはいちごが♪
そして右側にはりんごもありました。

いちごは袋に並々と詰められていて、
傷まないかなぁって、余計なお世話(笑)

日本では必ずパックに入っていますよね。
過剰包装といえば過剰なんだけれど、
便利生活になれてしまっているから、
いちごの袋詰はなんだか斬新(笑)

IMG_9745_b.jpg
山盛りアメリカンチェリー!
これも下の方は大丈夫???
潰れてないか~い???

それにしても、上手に積んだねぇ~(笑)

IMG_9741_b.jpg
あ♪ココナッツジュース☆

めずらしいなぁ。
冷たいココナッツジュース。

からだの熱を冷まし、肺を潤し、
美顔効果もあるのでしょうか??

看板から適当に推測(笑)

IMG_9718_b.jpg
天井近くにあるのは、ラッピング用品。
おみやげ用に、籠盛りも対応してくれるみたいです。

証明の傘も赤色だから、
ものすごくにぎやかでド派手ですね(笑)

こういうのも香港らしい。

残りわずかになった香港滞在。
香港らしい風景を思う存分楽しんで、
次の目的地へと向かいましょう。

IMG_9727_b.jpg
ミニバス。

屋根に付いている行き先案内表示が、
ネコの耳みたい(笑)

このネコバスには乗らず、
MTRに乗ってお昼ごはんを食べにいきました。

そのお話は、また次回ご紹介しますね。


ブログランキングに参加しています。
下記のバナーを、ぽちっとクリックして
応援してくださぁいね♪

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Tag:街歩き九龍サイド  comment:0 

色の洪水【花園街】雑貨・食品編

2015年2月の旅日記 vol.38

IMG_9695_b.jpg
太子(Prince Edward)周辺散策にでかけた
香港6日目の午前。

牛乳プリンを食べたり、
さとうきびジュースに足を止めたり、
金魚ストリート(通菜街)で金魚を眺めたり、
ただ歩いているだけでも、
なんだかテンションが上がる街(笑)

ゆっくり歩いて、花園街(Fa Yuen Street)まで来ました。

IMG_9697_b.jpg
香港には、こんなマーケットがたくさんあるけれど、
ガイドブックで紹介されいるのは、
旺角(Mong Kok)女人街が多いですよね。

買いたいものがないのは、
女人街花園街も同じなのだけれど(笑)

にぎやかなマーケットが好きだから、
ついつい寄り道してしまう。

IMG_9707_b.jpg
小さなお菓子がいっぱい。
カラフルですよね☆

旧正月前だったので、
この光景はよく見かけたけれど、
みんなこぞってお菓子を買い求めていました。

お正月に欠かせないものなのかな。

IMG_9735_b.jpg
そして、お菓子とともに、バラエティ豊かな
種もたっぷり売られています。

すいかやかぼちゃの種など、
こちらの人はよく食べますよね。

中国茶の茶藝館へ行ったら、
お茶請けとしてドライフルーツと一緒に
食べるイメージがあります。

IMG_9757_b.jpg
かわいい子供服♪

中国なら、こんな服を来ている子供ちゃんも、
以前はよく見かけたけれど、
香港ではあまり見ないですよねぇ。

私も姪っ子におみやげを買って帰ったことも(笑)

IMG_9736_b.jpg
クリスマスリースのように、ドアに飾るもの。
これは春節用ですね。

友人宅のドアにも貼ってあったな。

春節前で、マーケットのあちこちが、
真っ赤に染まっていました。

IMG_9754_b.jpg
2015年は未年だから、
ひつじのグッズもいろいろありました。

干支って、あたりまえだけど中華圏にもあって、
ていうか中国から来た習慣なのだろうけれど、
日本で猪、と言っているものは、
香港では豚なんですって。

そういえば、こちらのレストランでは、
豚のことを猪、と書いてありますね!

日本では、猪の文字を、
そのまま「いのしし」と受け止めたのかも(笑)

香港では豚はとっても
縁起のいいものと考えられていて、
貴金属店の前を通りかかると、
金の豚さんの置物が売られていたりします。

IMG_9755_b.jpg
私の香港人の友人、
今はカナダに住んでいるのだけれど、
出会った頃に、買い物に付き合ってもらって、
マンゴープリンの型を買いに行ったんです。

その時に、プリンの型で、十二支のものがあって、
アナタの動物はどれ?
と聞かれて、お互いの年齢を知ったという、
そんなエピソードを思い出しました(笑)

今はね、カナダで暮らす友人に代わり、
その姉妹たちが私に親切にしてくれています。

IMG_9717_b.jpg
買いたいものは何もないはずなんだけど(笑)

カラフルなポチ袋を買ってしまいました♪

お年玉、というと、
日本ではおとなが子供に渡すもの
というイメージだけれど、
香港では友人同士とか、会社の人たち、
知り合いの人など、
日頃からお世話になっている人に
気軽に渡しあう習慣があるようです。

50香港ドルぐらい入れて渡すといいよ、と、
香港在住日本人の知り合いから、
教えてもらったことがありました。

香港リピーターのかたなら、
顔見知りのお店の店員さんなどに渡すとか、
そんなかんじで気軽に参加しても楽しいかも。
その場合は、20香港ドルぐらいでいいかもしれません。

賑やかな花園街
ここを訪れている人たちは、
どこから来ているんだろう??

大陸からの観光客が多いのかな。
香港の人たちも来るのだろうか?

今度友人にも尋ねてみよう(笑)


ブログランキングに参加しています。
下記のバナーを、ぽちっとクリックして
応援してくださぁいね♪

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村

Tag:街歩き九龍サイド  comment:1 

幸運・金運の象徴がずらり!【金魚ストリート】

2015年2月の旅日記 vol.37

IMG_9671_b.jpg
九龍サイド太子(Prince Edward)は、
下町感が大好きで、目的なくブラブラと歩きます。

香港旅6日目に、ようやく時間が取れて、
午前中少し立ち寄ってみました。

IMG_9668_b_20151224071241786.jpg
義順牛奶公司で牛乳プリンを食べたり、
店先でぎゅぎゅっと搾ってくれるさとうきびジュース
冷やかしたりしながら、街歩き。

IMG_9673_b.jpg
通菜街(Tung Choi Street)では、
金魚を眺めるのも楽しみ。

いや、金魚には実はあんまり興味はないのだけれど(笑)

香港人にとって金魚は幸運や金運の象徴
自宅やオフィス、店舗などで金魚を飼育する人は多く、
通菜街(Tung Choi Street)には
いくつもの金魚や熱帯魚の専門店が軒を連ねます。

別名、金魚ストリートとも呼ばれるぐらい(笑)

それで、金魚に興味のない私が、
なぜこの通りに足を運ぶかというと??

IMG_9680_b.jpg
このアヤシゲな雰囲気に惹かれて(笑)

数年前に、フォトグラファーの蜷川実花さんの
金魚ストリートで撮影された作品を拝見して、
その鮮やかな色の世界と、
香港らしい雰囲気にたちまち惹き込まれ、
それからは時々足を運ぶように。

IMG_9678_b.jpg
そういえば、日本の金魚の産地にも、
中国人をはじめ、欧米各国からも
バイヤーが訪れるようになっているのだとか。

錦鯉や金魚などに興味をもつ、
外国人が急増しているのですね。

私たち日本人にとっては、
お祭りの金魚すくいのイメージ?

そして、すくった金魚を持ち帰り、
数日で死なせてしまう、という
苦い思い出とセットになっているのは、
私だけではないんじゃないかな?

IMG_9675_b.jpg
通菜街(Tung Choi Street)を歩いていたら、
竹の足場を組んだ工事現場がありました。

香港では、よく見かける光景で、
けっこうな高さのビルの足場にも、
竹を使用しているので、ちょっとびっくりしますよね(笑)

日本では考えられないけれど、
竹ってそんなに丈夫なのですねー!


IMG_9681_b.jpg
通菜街(Tung Choi Street)には、
ペット用品を売るお店も。

数年前にくらべて香港で犬を飼っている人の割合は、
増えているような気がします。

日本ではごく当たり前になった、
わんこ用のカート(ベビーカーみたいな乗り物)に、
数匹のわんこを乗せて、
お散歩させている人の姿も、
たびたび目撃しました(笑)

IMG_9683_b.jpg
あ♪ビーグル(笑)

我が家にもビーグル犬の女のコがいて、
今回の香港旅では、
主人と一緒に家でお留守番してくれているので、
急にうちのコのことを思い出す。

元気にしてるかなぁ???
毎日電話をして、その日の様子を確認しているけれど、
香港旅も6日目。
そろそろ帰らないと、パパっ子になってしまう~(笑)

香港で売られている犬猫用のおやつは、
日本製のものがたくさんありましたよ。


金魚ストリート(通菜街)をブラブラ歩きながら、
アヤシゲな香港ワールドにはまってみてください♪


ブログランキングに参加しています。
下記のバナーを、ぽちっとクリックして
応援してくださぁいね♪

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村


Tag:街歩き九龍サイド  comment:0 

蔗汁、いかがですか?

2015年2月の旅日記 vol.36

IMG_9670_b.jpg
九龍サイドの太子(Prince Edward)散策中の
香港旅6日目。

義順牛奶公司で牛乳プリン(馳名雙皮燉奶)
をしっかり堪能してから、街歩き。

IMG_9663_b.jpg
あっ!あの竹のような棒は???

実は、さとうきびなんです。

香港をブラブラ歩いていると、
時々見かけるさとうきび。

果物屋さんの店先などで、
生のまま、ガーっと搾って、
さとうきびジュース(蔗汁)を作ってくれます。

少し青臭さもありますが、さっぱりしていて、
すみやかなエネルギー補給にはおすすめです。

IMG_9664_b.jpg
さとうきびにはカリウムやカルシウム、
鉄分などのミネラルたっぷりで、
汗をかいたカラダの水分・栄養補給には、
ちょうどいいのかもしれません。

糖分もたっぷり含まれていますが(笑)
夏場の香港の街歩きは、
湿気地獄で汗だく必至!

汗をかいたら、水分と一緒に
大切なミネラルなどの栄養成分も
流れて出て行ってしまいます。

水だけで水分補給しようとしても、
体内に必要な栄養素が失われたままなので、
のどの渇きはいっこうに収まらないことがあります。

そういう時には、少し塩分や糖分を含んだものを
飲んだほうがいいんですね。

IMG_9665_b.jpg
真ん中にさとうきびを差し込んで搾るんですね。

2月の香港旅では、まったく汗をかかないので
飲む機会はなかったけれど、
街ナカでこんな光景に出会うと、
香港らしいなと、ニマニマしてしまうのです(笑)

中国や東南アジアでは、
さとうきびを棒状のまま手に持ち、
かじりながら歩いている人を見かけたことが。
ワイルドだなぁ~(笑)

IMG_9666_b.jpg
えーっ?!さとうきびジュースのホット???

熱燗のように、い~い頃合いに
仕上がっているのでしょうか(笑)

そういえば、香港の人たちは、
冷たい飲み物など好まない傾向にあるので、
街角のジューススタンドなどでは、
ジュースに氷を入れて飲む、
というのはほとんど見かけません。

最近は、外資系ファストフードショップの影響からか、
若い世代の人たちは、氷入りのドリンクも、
自然と受け入れているようだけれど。

それにしても、さとうきびのホットジュース、
青臭さが緩和されて、飲みやすいのかも(笑)

う~ん、でもちょっと飲んでみるのは、
またの機会に(笑)

豆腐花や牛乳プリン、亀ゼリーなんかも、
ホットとアイスが選べる香港。

そういうところも大好きです♪

ブログランキングに参加しています。
下記のバナーを、ぽちっとクリックして
応援してくださぁいね♪

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村

Tag:街歩き九龍サイド  comment:0 

フォトジェニックな街歩き@香港・深水埗(Sham Shui Po)

2015年2月の旅日記 vol.6

IMG_8747_b.jpg
2月の香港滞在記。

2日目のランチで、幼なじみのMちゃんとそのお友達で、
香港・深水埗(Sham Shui Po)山東餃子館へ行きました。

その後、ひとりで散策しながら、
おみやげ用のスマホケースを買ってみたり(笑)
香港の街の喧騒とは裏腹に、
誰に束縛されるでもなく、締め切りに追われるでもなく、
のんびり、ゆるゆるとした時間が流れます。

あ~至福のひととき♪


IMG_8680_b.jpg
街には、まだこんな対面販売の青果店があちこちに残っています。

これは、よく麺粥店で見かける青菜じゃありませんか♪
ターツァイ、なんてよく言っているけれど、
広東語ではなんというんだろう?

油で炒めたものや、茹でてオイスターソースがたっぷりかけられたもの。

ベジタボー。

と、日本語みたいな英語でオーダーしても、
だいたい通じます(笑)


IMG_8700_b_2015090821213633b.jpg
なんてフォトジェニックなんでしょうか♪

こんなふうに、モリモリ盛られた野菜が並ぶお店には、
日本ではなかなか出会えなくなりました。

ファーマーズマーケットのような、
おしゃれなマルシェなんかでは、
狙ってディスプレイしているところもあるけれど、
こんなに臨場感や生活感にあふれるビジュアルは、
作り物のマルシェには存在しない。

ここに、人々の生活があるからこその風景。


IMG_8684_b.jpg
トマトも元気そうだなぁ(笑)
ヘタを見てください、日本のものよりも、がっしりと太いですね。

日本では、カラフルなトマトが大ブーム。
ミニトマトや水分をあまり与えず育てた小ぶりのトマトが、
フルーツトマトとして大人気だったり、
小ぎれいな野菜が受け入れられています。


IMG_8697_b.jpg
香港で見る野菜は、どれも生命力が強そうです。

香港近郊で作られているものや、
もちろん大陸で作られているものがほとんどなんだろうけれど。


IMG_8695_b.jpg
ほら♪ 大根もありますよ♪

大根って、和食と縁が深い野菜だから、
日本の野菜だと思うでしょ?
でも実は、地中海沿岸や中央アジア、
そして中国華南地方原産説があって、
日本へは、もちろん中国を経由して入ってきた野菜なんです。

あ、いちおう野菜ソムリエなものですから(笑)
海外へ出かけても、現地のマーケットはとても気になります。


IMG_8706_b.jpg
下のほうに置かれているのはつぶれてないのかなー?!
なんてよけいな心配をしてしまうディスプレイ。

見ている分には迫力満点で楽しいけれど(笑)


IMG_8683_b.jpg
アジアらしいフルーツも載せておこう。

スターフルーツは、シャリシャリとした梨のような食感。
食べたのは、マレーシアでした。

香港でよく見かけるマンゴーもそうだけれど、
フルーツはフィリピンやタイから輸入されているものが多いですね。

香港産のフルーツは、あまり見たことがないかも。

巨大な胃袋・香港には、各地からいろんなものが
集まって、食品のるつぼとでもいうか、
とにかく、人も物もお金も集まってくるかんじ。

お金は、一時にくらべたら、集まりにくくなったのかな(笑)


IMG_8707_b.jpg
野菜ソムリエですが、たんぱく質も食べますよ♪

ということで、魚屋さんも気になります。
豪快にさかなが店頭に並んでいますね。

日本では、パック詰めのお魚が当たり前になってしまったけれど、
子供の頃はお魚は魚屋さんへ買いに行くものだった。

おいしい食べ方を教えてもらったり、
お店のおじちゃんやおばちゃんは、
同級生のお父さんやお母さんだったりして、
そこへ行くと、何か会話が生まれて、
人の温かさが伝わってきたものでした。

今はねぇ、そういうのがわずらわしい、って、
思う自分がいたりもして、少し気持ちは複雑な時もある。

でも、なぜか旅先では、
たどたどしい英語や広東語で、
必死でコミュニケーションを取ろうとしてる自分に気付き、
ちょっと笑ってしまうこともあるのです。

わずらわしいことから遠ざかりたくて旅に出るのに、
旅先ではコミュにメーションを求めるなんてね(笑)


IMG_8709_b.jpg
お肉屋さんも、このワイルドさがまだ健在ですよぉ。

以前、友人に同じような写真を見せて、
香港の話をしたら、顔を背けていましたよ^^;

この写真は、まだマイルドなほうですよねぇ~??


何も買わない、いえ、買えないんだけれど、
街ナカにあるお店を丁寧に見て回るだけでも、
ワクワクと楽しい気持ちになるのでした。

深水埗(Sham Shui Po)、なかなかおもしろいですよ♪


お読みいただきありがとうございました。
ぜひまた遊びに来てくださいね♪


ブログランキングに参加しています。
下記のバナーを、ぽちっとクリックして
応援してくださぁいね♪


にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村










Tag:街歩き九龍サイド  comment:0 

おみやげ用のスマホケース@香港・深水埗(Sham Shui Po)

2015年2月の旅日記 vol.5

IMG_8660_b.jpg
深水埗(Sham Shui Po)
MTR荃灣線(Tsuen Wan Line)の旺角(Mong Kok)から2駅荃灣寄りの駅。

ガイドブックでは、
旺角(Mong Kok)あたりまでの情報は載っているけれど、
深水埗まで紹介しているのは、
よほどページ数が多いものでなければ、
あまり紹介されることはないエリアかも。

こんな角丸なビルが、香港の街ナカにはよくあります。
ピンクと紫の外壁は、日本では目立ちすぎるけれど、
香港なら全然気にならないのが不思議(笑)


IMG_8657_b_201509052216122db.jpg
2月の香港滞在記。

今日はVol.5 香港2日目の午後。
香港在住の幼なじみMちゃんと現地のお友達と、
山東餃子館でのランチ後のお話です。

特にあてがあったわけでもなく、
ただただ、自由な時間を満喫しながら歩く街。

露店が並ぶストリートでも、
買いたいと思えるものは売っていないし(笑)

でも、お店を見るともなしに歩くのが楽しいのです。
たまには掘り出し物があったりしてね(笑)


IMG_8662_b.jpg
衣類や食料品の他にも、こんな携帯グッズも売られています。
少し前までは見かけなかったスマホ関連の製品。

日本では、ガラケーを使う人もけっこういるけれど、
香港で見かけるのは、ほとんどスマホだったような気が。


IMG_8664_b.jpg
見て回っていたら、突然買いたいものが(笑)

友人に頼まれていたスマホケース。
その友人も香港へはたびたび来ていて、
街で見つけたら、スマホのケースを購入するのだそう。

日本で買うよりは断然安いから、
チープなものをいくつも揃えて、
その日の気分で着せ替えるんですって。

フタ付きのものをご所望で、いくつかおみやげに買いました。
ここで見つけてよかったぁ。
頼まれごとは、早めに終わらせておくと気がラクだから(笑)

私はアンチフタ付き派。
フタがあったほうが、キズも付きにくいし、
いいのかもしれないけれど、フタはいらないな。

そして、1つのものをずっと使い続けるタイプ。
気分によって変えたりはしなくて、
愛着をもった1つを、こよなく愛します(笑)


IMG_8658_b.jpg
香港ビギナーの頃は、
姪っ子にこんなものを買って帰ったことも。

今思えば、もらったほうも困ったかもしれないな(汗)
着て行ける場所がない~(笑)


IMG_8653_b.jpg
きゃっ♪ 赤色健康法が実践できそう(笑)

赤い下着を身に付けると、血行を促進して、
健康になれる、というような健康法がありますよね。

その真偽はわからないけれど、
赤いものを身に付けると、
高揚感のようなものが感じられるのは、
確かにあるような気がします。

だからと言って、昼日中のこんな明るいところで、
下着を選ぶ勇気は、さすがになかった(笑)


IMG_8705_b.jpg
こんな赤いものも見つけました。

ちょうど旧正月前で、お正月準備品も、
街ナカではたくさん見かけました。

これは羊羹のようなものなのかな?
どうやらお正月に食べるものみたい。


IMG_8711_b.jpg
賀年糖果
これも、お正月に食べる、季節モノのお菓子みたいです。

よ~く見てみると、ごまのようなものが。
ごま団子のようなものなのかも。


IMG_8712_b.jpg
ええっ?! 活きのよい果物ぉ~???

ドライフルーツになっているから、
新鮮さのかけらもないのだけれど(笑)

おかしな日本語シリーズ。
ずいぶん減ったようには思うけれど、
目を凝らせば、プププなものに出会います♪


ブログランキングに参加しています。
ぽちっとクリックで応援してくださぁいね♪

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村

Tag:街歩き九龍サイド  comment:0 

香港到着後、いちばん最初に行った場所は?

2015年2月の旅日記 vol.2

IMG_3593_a.jpg
香港へ行く時は、JAL便をよく利用します。

今年2月に香港を訪れた際にも、
JALマイレージバンクで貯まっていたマイルを利用して、
無料航空券を手配。

出発が迫ってきて、予約がギリギリになってしまったので、
関空発が抑えられず、
羽田発ならまだ席に余裕がある、ということで、
大阪・伊丹空港からまず羽田へ飛び、
そこから香港行きの国際線へと乗り継ぎました。

香港に到着したのは、現地時間の14時10分。

預けていたトランクをピックアップして、
市内へ向かうエアポート・エクスプレスのりばへ向かい、
まずカスタマーサービスセンターへ。

DSCN3791_a.jpg
このカードは「オクトパスカード」といい、
日本でいえば、JRのICOCAやSuicaのようなICカードで、
あらかじめ現金をチャージしておくと、
キャッシュレスで、タクシーや一部のミニバスを除き、
ほとんどすべての乗り物を網羅でき、
コンビニやスーパーマーケットなどでの
支払いにも使用できるというすぐれもの。

最初にカードを購入する際は、
100HKドルとデポジットの50HKドルを支払います。
帰国時、返却するとデポジットが戻ります。

カスタマーサービスセンターで、
残額をチェックしてもらうと、70HKドル近くありました。

よかった♪とりあえず、最初の目的地までは、
オクトパスカードで行けそうです。

しかも、後で気付いたのですが、たとえば
MTR(地下鉄)に乗って、目的の駅で下車する時に、
もしカードに残額が足りなくても、とりあえず、
金額をマイナスにして、改札を出ることができる
のです。

次に乗る時に、そのマイナス分もチャージするとOK!

日本だと、残額が足りなければ改札を出る前に、
精算機でお金をチャージしないといけなかったりしますが、
さすがそのあたりはおおらかですね。

そういえば、関西ならPitapaなど、
ポストペイ(後払いシステム)のカードがありますが、
キャッシュレスで乗車できて便利だけれど、
消えてしまった乗り物の乗車券代などを
後払いシステムで支払うのは、
なんだか損した気分!その都度精算したいですよねぇ。

あ、それ、少数派意見でしょうか??(笑)


今回の香港へはこのオクトパスカードと、
現金は、前回の残りの150HKドルだけを持ってやって来ました。

オクトバスは少し古いデザインですが、現金をチャージして、
何度でも使えるので、ずっと使い回しています。

今回使ってみたら、少し反応が鈍くて、
何度もピタッ!としなければいけなくなってきたので、
香港人の友人に、新しいのに変えたほうがいいのかな?
って聞いてみたら、
友人の妹は、子供の頃から20年ぐらい、
同じカードを使い続けているから、モウマンタイ(無問題)!

ということで、私もこのカードを、
使えるところまで使ってみます(笑)


エアポート・エクスプレスの最初の停車駅、
青衣(Tsing Yi)」へは13分で到着。
料金は、60HKドルです。

この駅で下車し、友人にピックアップしてもらって、
滞在させてもらう友人宅へ向かいました。


荷物の整理をして、一息ついたらさぁ行こう(笑)

友人とは、夜にまた最寄り駅で待ち合わせすることにして、
まず向かった先は・・・???


IMG_6787_a.jpg
ビクトリアハーバーが見渡せる、
尖沙咀(Tsim Sha Tsui)プロムナード

この日は、雲が多めで少し霞んでいたけれど、
香港へ来たら、やっぱりこの景色をまず見ておきたい。

九龍サイトから見た香港島。
有名な夜景スポットでもあるのですが、
まだその時間帯には早すぎました。

そのまま夜景タイムまでのんびりしていたいけれど、
急いで行かなければいけない用事があるので、
とにかく次の場所へ向かいます。


IMG_8468_a.jpg
ネイザンロード尖沙咀(Tsim Sha Tsui)へ向かって歩き、
右側にあるこのビルは、重慶大厦(チョンキンマンション)

香港が、イギリスから中国へ返還される前は、
コワイこともいっぱいあったかもしれないこのビルには、
バックパッカー御用達のゲストハウスと、
両替ショップが多数入っています。

両替ショップは1階にあるので、そんなにこわくはないです(笑)
もちろん、もう今この時代には、
そんなに恐れる必要はなくなりました。

ここへ来る理由は、両替のレートがいいから

両替は、やはり現地のほうがレートがいいので、
日本や空港ではなるべくしたくない。

香港人の友人に、両替するならどこがおすすめ?
と聞いてみても、やっぱりチョンキンマンションかな?って、
答えていました。

いや、もっと穴場もあるよ!ってご意見もあるかもしれませんが、
もしあれば教えてください♪

もう18時が近く、ほとんどショップは閉店していました。
なんとか開いていたお店で両替できて、ホッ♪


さぁ、これで安心して香港の街が歩けます(笑)

何か甘いものが食べたいなぁと思って探していたけれど、
めずらしくなかなか見つけられずに歩いていたら、
ようやくスイーツショップを発見。
あ、考える間もなく、ふらふらと足が勝手に~(°∀°)b


IMG_9892_a.jpg
グレープフルーツに似たザボンと、マンゴーが入った

楊枝金露(やむじーがむろーと現地の人の発音では聞こえる)

というデザートで、私のお気に入りです♪
どこへ行っても、これがあればまず食べておく(笑)

ここは、いわゆるスイーツや軽食のチェーンで、
香港中、どこにでもあるファーストフード店のようなところ。

あとで友人に、あのお店へ行ったよ、といって写真を見せたら、
「もっとおいしいところがあるのに(笑)」
と、笑われてしまいました。

たしかにね^^; 
他になかなかお店が見つからなかったからね。

でも、気軽に入れるから、旅行者にはいいのかもしれません。
私が初めて香港へ行った時に、
一緒に行った香港リピーターさんが連れて行ってくれたのも、
このお店でした。

ここは行っておくべきよ~☆って。

いろいろなお店があることを知った今は、
誰かを連れてここへ行くことはないけれど(笑)

自分ひとりの時には、便利に使っています♪


ブログランキングに参加しています。
ぽちっとクリックで応援してくださぁいね♪


にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村

Tag:街歩き九龍サイド  comment:0 

プロフィール

Hinako

Author:Hinako
フリーライターHinakoが綴る
甘くて辛い香港旅日記

フリーエリア
ブログランキング参加中♪
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。