スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

おみやげを選ぶ時は【G.O.D.】&【奇華餅家】

2015年2月の旅日記 vol.24

IMG_9200_b.jpg
2月の香港旅、3日目の午後は、
上環(Sheung Wan)のキャットストリート周辺散策の後、
中環(Central)方面へ。
荷李活道(Hollywood Road)G.O.D.に入りました。

香港テイストのデザイン雑貨が揃うお店で、
センスのいいものがたくさん並んでいます。

G.O.D.は香港にいくつかショップがあるので、
このセントラルのお店に
いつもいくとは限らないですが、
滞在中、都合のいい場所でお買い物します。


BZBE6297_b.jpg
軽くて持ち運びに便利なクリアファイルは、
私のおみやげリストのほぼ定番。

プレゼントとして渡しても、
使ってもらえる確率が高いし、
何枚あってもそんなにじゃまにはならないかな、と。

あとは、メモ帳などのステーショナリー類、
主婦のお友達にはキッチンクロスなど、
いくつか組み合わせたりしています。

お値段もそこそこいいので(笑)
バラまき用には不向きです。

そもそもバラまき用のおみやげを買うことも、
すっかり減ってしまったし、
受け取る人に合わせて、きちんと吟味して購入します。


IMG_9202_b.jpg
そして、擺花街(Lyndhurst Terrace)へ。
ここにはもうひとつ別の目的もあったので、
そのお話はまた次回ご紹介しますね。


IMG_9208_b.jpg
その前に、用事を済ませておきましょう。

奇華餅家(KEE WAH Bakery)

ベーカリーと書いてありますが、焼き菓子など売っています。


IMG_9209_b.jpg
ここも、香港中あちこちにお店があります。
だから、見つけた時に入ります。

実は空港にもショップがあるのだけれど、
できるだけ荷物はスーツケースにおさめて、
身軽に動きたいから、
滞在中に購入してしまうことが多いです。


IMG_9210_b.jpg
仕事関係でお世話になっている会社さんなどへ
お届けするおみやげなどに使うことが多いかな?

食べ物関係のおみやげは、ことに中華圏のものは
ちょっとナーバスになった時期もあったけれど、
Hong Kong製造!ということを頼りに選んでいます。

香港にそれほど思い入れがない人なら、
両方同じとみなされる可能性もありますが(笑)

お店は清潔だし、お値段も手頃です。

私がよく買うのはパイナップルケーキ。
個包装になっていて、箱にも入れてくれるし、
3つ、4つなら缶に入れる手も。

箱、缶入りなら、スーツケースに詰めても、
ぺっしゃんこにならないし☆

とにかく持ち運びに便利なのを重視(笑)


IMG_0179_b.jpg
実はこれは、香港人の友人が、
私へのおみやげとして持たせてくれたものです。

黒糖、と書いてあるのはかなり大きなサイズ!
ポン菓子のようなふわっとしたものを、
黒糖のカラメルのようなもので固めてあります。

鷄蛋巻(エッグロール)も香港のお菓子ではよく見かけるもの。
日本で売られているものよりは、
ふわっとやわらかく、ポロポロっとこぼれやすいので
食べる時には要注意(笑)

あとはクッキーと、
パイ生地の中に餡が入ったお菓子でした。


IMG_0195_b.jpg
パイのお菓子の中身はこんなかんじ。
メロンのようなウリ系のものでした。

ちょっと温めて食べるとおいしいよ、と教えてもらって、
ちょっとオーブンで温めたら、
なかなかおいしかったですよ♪

G.O.D..奇華餅家も、いくつかお店があるので、
ぜひのぞいてみてくださいね。


ブログランキングに参加しています。
下記のバナーを、ぽちっとクリックして
応援してくださぁいね♪

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Tag:街歩き香港島  comment:0 

上環・キャットストリート散策【文武廟とMan Mo Cafe】

2015年2月の旅日記 vol.23

IMG_9157_b.jpg
2月の香港旅日記。
スローなペースで進んでおりますが、
今日もどうぞお付き合いくださいね。

3日目の午後のお話です。

中環(Central)周辺を歩き、結志街の青空マーケットへ。
蘭芳園九記牛腩の思い出話をご紹介しつつ、
たどり着いたのが上環(Sheung Wan)エリア。

九記牛腩も、厳密にいえば上環エリアに入るのかな。

中環(Central)にくらべると、
のんびりとしていて、歩いて回るには、
ちょうどいい空気感なのですが、
最近、おしゃれなショップも出現しているみたいです。

久しぶりに、上環をゆっくり歩いてみました。


IMG_9156_b.jpg
荷李活道(Hollywood Road)沿いにある文武廟

1847年創建された、香港最古の道教寺院なのだそう。
もう10年以上は足を踏み入れていないかも??

香港が初めて、という友人と一緒に来た時に、
香港らしいものが見られる場所として、
ご案内することがあるけれど、
最近は一人旅ばかりだから、
長い間来ていなかったなぁ。


IMG_9161_b.jpg
せっかく来たので、中へ入ってみました。

香港ローカルの熱心な信者に混じって、
私のような(笑) 物見遊山の観光客も、
やっぱり多いです。


IMG_9160_b.jpg
このクルクルのお線香が、香港のシンボルのように、
よく写真が登場しますね。

このお線香、何カ月も燃え続けるのだそうですよ。
たしか、以前は、灰を受けるお皿は付いてなかったような??

お線香の真下にいると、ボトッボトッと、
灰が降って来て、あわてて振り払ったりしていたけれど、
ちゃぁんと受け皿を付けるようになったんですねぇ(笑)


IMG_9165_b.jpg
文武廟を出て、すぐ横の通りにある階段を上がります。
なかなか急な階段。

けれど、ほ~んとのんびりしているなぁ。
香港の街ナカとは思えない(笑)


IMG_9197_b.jpg
右側に看板が見えています。

MAN MO
CONTEMPORARY DIM SUM

ここへ行きたかった♪


IMG_9167_b.jpg
看板に誘導されて、魔羅上街(キャットストリート)へ。
まがい物もあふれているけれど、
中には価値のある骨董品も紛れているかも(笑)


IMG_9193_b.jpg
中国では、骨董品を「ネズミ」と呼び、
そのネズミを探しに来る人間を「ネコ」にたとえて、
この骨董品通りをキャットストリートと呼ぶのだそう。


IMG_9172_b.jpg
目的地に到着。
MAN MO Cafeです。

台湾の有名な鼎泰豐の点心師と、
フレンチのロブションの元シェフがコラボした、
新感覚のチャイニーズフレンチ??


IMG_9188_b.jpg
皮にバジルが練りこまれた餃子。

実は、ほかに食べたかったメニューがあったのだけれど、
ランチタイムに売り切れてしまった模様。
もうこの時点で3時は回っていたはず。残念!


IMG_9190_b.jpg
片手で撮っているので、写真がボケボケだけれど(笑)

中身はこんなかんじです。
トマトとモッツァレラチーズが入っています。

ムハハっ、斬新ですよね。

そういえば、まだ王道の飲茶を食べていないかったのに、
先に、コンテンポラリーな斬新な点心をいただいてしまいました(笑)

新店舗が続々とオープンする上環エリアで、
話のタネに、ちょっと寄ってみたお店でした。

他にも、ラタトゥイユと名付けられた、
真っ赤な皮に包まれた餃子や、
パンの中に肉まんの餡が詰められたバーガーパン
(これが食べたかった、笑)
など、他にもおもしろいものがありますよ♪


ブログランキングに参加しています。
下記のバナーを、ぽちっとクリックして
応援してくださぁいね♪

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村

Tag:街歩き香港島  comment:0 

元気をもらえる青空市場【結志街のマーケット】

2015年2月の旅日記 vol.20

IMG_9098_b.jpg
前回、香港島・中環(Central)の街歩きの様子をご紹介してから、
また少し時間が経ってしまいましたが、
今日は引き続き中環(Central)散策をお届けしますね。

小さな商店がひしめき合う、香港らしい青空マーケットが好きなので、
SOHO近くの路地を、あてもなく歩くのがいつものコース。

半山電梯(ミッドレベル・エスカレーター)中環(Central)方面から
上がってくることもあるけれど、
この日は下から歩いてたどり着きました。

工事が始まっていて、以前の雰囲気とは少し変わっています。
大きなビルでも建つのかな??
小さなお店の雑多感が失われていくのが、なんだかさびしいな。


IMG_9125_b.jpg
私がいつも楽しみにしている結志街(Gage Street)のマーケットは、
まだ健在でした。

昼間の時間帯でも、いつも買い物客で賑わっていて、
香港の元気が肌で感じられる場所。


IMG_9105_b.jpg
気になるのはやっぱり野菜(笑)

にんじんを見てみると、うっすらと土が残っていますよね。
日本なら、出荷の時に洗浄されて、
少なくとも皮の表面に泥汚れは残っていない状態です。

近頃よく見かけるようになった、
スティックにんじんのような細くて繊細なものは、
機械での洗浄ができないから、
ひとつひとつ手作業で行う農家さんもいらっしゃいます。

どちらがいい悪い、ではないけれど、
そんな違いにも目を向けながら見ていると、楽しいですよね。

きれいに土が落とされているにんじんも、
横に並んでいたけれど、
もしかしたら外国産かもしれないですね。


IMG_9110_b.jpg
鮮魚店。
赤いランプがかわいいなぁ。

野菜なら、日本でもマルシェがさかんに行われていて、
農家さんがお店を出していたりして、
対面販売で購入するチャンスがあるけれど、
魚屋さんって、ほんとうに少なくなったような気がします。

ご近所に市場がないから、魚を魚屋さんから買うことは、
我が家では皆無といってもいいほど。

おいしい食べ方を教えてもらうチャンスも減り、
ますます日本人の魚食離れが進む原因なのかも。

肉食は増えているのにねぇ。


IMG_9114_b_201511212131501b1.jpg
乾物を売るお店。

調味料やゴミ袋なんかも置いてある(笑)
あ、写真真ん中左寄りのビニール袋、わかりますか?

これ、ゴミ袋ではなくて、テーブルに引くビニールなんです。
大勢で食事をする時などは、テーブルの上にビニールを敷いて、
テーブルクロスのように使用するんです。

たとえばシーフードを食べた時に、
エビのカラとか頭とか、ゴミが出ますよね。
お肉の場合は、手羽先とか骨付きのものも多いです。

香港の人々は、各自テーブルにどんどん食べかすを直置きして、
みるみるうちに、残骸の山と化すのです。

最後にお皿を片付けたら、そのままガサッとビニールを丸めて、
そのままポイッと捨てるために、
薄いビニールをテーブルにあらかじめ引いておくのです。

合理的、ではありますよね(笑)


IMG_9119_b.jpg
そして玉子好きだからやっぱり玉子屋さんも気になる♪

美國(アメリカ)、泰國(タイ)、荷蘭(オランダ)と書かれた玉子があります。
え~?輸入物ってこと??
それをなぜお店に人に聞かなかったんだろう??って、
今頃になって後悔してます(笑)


IMG_9129_b.jpg
湾仔(Wan Chai)街市でも見かけたのだけれど、
ここ中環(Central)でも、オーガニック野菜が並んでいました。


IMG_9133_b.jpg
自種有機、との表示があります。

日本でもオーガニック(有機野菜)は人気がありますが、
明確な規制がないので、実のところ、
安全なのかそうでないのか、誰にも判断がつかない。
農家さんの良心を信じるしかない、というのが現状なんです。

規制の厳しい日本でさえもそうなのだから、
香港ではどうなんだろう~??

なんて考えながら、結志街(Gage Street)をブラブラしてました(笑)



ブログランキングに参加しています。
下記のバナーを、ぽちっとクリックして
応援してくださぁいね♪

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村






Tag:街歩き香港島  comment:0 

蓮香樓を横目で見ながら

2015年2月の旅日記 vol.19

IMG_9065_b.jpg
中環(Central)德輔道中(Des Voeux Road Central)にある
【羅富記粥麺専家(Lau Fu Kee)】で蝦雲呑麺でおひとりさまランチの後、
德輔道中(Des Voeux Road Central)を上環(Sheung Wan)方面へ。

山側へ延びる無数の路地を横切る時に、
さまざまな街の様子を垣間見ることができます。

しばらく歩いた後で、細い路地へ。
標識を見ると、永和街(Wing Wo Street)と書いてありました。

香港旅3日目の午後。
この日は1日、まったく何の予定もなく、約束もなく、
私も特にスケジュールを気にせず、好きなように街歩き。

中環(Central)周辺を少しお散歩してみます。


IMG_9072_b.jpg
旧正月前で、新年(春節)を迎えるための品々も、
たくさん売られていました。

餃子を揚げて作る料理も、旧正月(春節)に食べるもので、
香港人の友人が、以前送ってくれた大晦日の写真にも、
揚餃子を作る様子が写っていました。

餃子は、中国の昔のお金のカタチに似ているので、
年の初めに餃子を食べてお金持ちになる、というような
意味合いもあるのだとか。

日本人の年越しそばのような、縁起担ぎなんでしょうね。


IMG_9086_b.jpg
店の外に置かれたテーブルで、ランチタイムを過ごす人たち。
観光客には知り得ない、安くておいしいお店が、
ひしめき合っているのかもしれません。

おいしいかどうかは、別だけど(笑)

ローカルが集まるリーズナブルなお店が、
必ずしも日本人観光客にとって、おいしい、とは限らない
から(笑)


IMG_9073_b.jpg
通りがかりに見つけたお店。

私はついさっき、蝦雲呑麺のランチを食べた後だから、
おなかに余裕はないので、ちょっとウォッチング。

かなりの年季を感じさせる店構え。
時間は13時30分前後で、ちょうどランチタイムです。

香港では、ランチタイムは13時からが一般的で、
お店の中で食べる人もいれば、
テイクアウトして事務所で食べる人も多いですね。

並んでいる人の服装などからすると、
香港居民がほとんどなんじゃないかな?
日本人はまったく並んでいないし、
大陸からの観光客も見当たらないみたい。

値段はリーズナブルで、そこそこおいしいお店、
・・・ではないかと想像します。
でも、きっと日本人にはなじまないと思う、
お店の様子からして(笑)

日本でたとえるなら、オフィスの近くにある、
有名じゃないけど、家族経営のこぢんまりした、
お値段そこそこの味もまぁ悪くないうどん屋、関東ならおそば屋?
あるいは、めし屋さんのイメージです(笑)


IMG_9082_b.jpg
そのまましばらく歩いていると、蓮香樓がありました。

ここは、ガイドブックには必ずといっていいほど掲載されている、
超・超・有名店(笑)

衛生上の問題などから、
昔ながらのワゴンスタイルの飲茶が楽しめるお店が減っているなか、
ここでは今でもワゴンに飲茶をのせて運んできてくれて、
フタを開けて中身をチェックしながら、
食べたいものが選べる、というやりかたを続けているのだそう。

朝早めの時間帯に行くと、新聞を片手に、
ローカルのおじさま連がの~んびりと朝食を楽しむ、
まるで映画のワンシーンのような
カントニーズモーニング(笑)気分を味わえるようです。

一度行ってみたい!と思いつつ、
実はまだ未体験なのですよー!!!

蓮香樓に行きたい、って、香港人の友人に訴えてみたら、
え~高いよ?という、乗り気でないお返事が(笑)

ひとりでも、わりとどこへでもズカズカと入って行ける私ですが、
ここへは誰か同行者がほしいなぁ、と思っているうちに、
ずっと機会を逃しているのですよねぇ。

行ってみないと、いいも悪いもわからないし、
今度はチャレンジしてみないと(笑)

大人気の蓮香樓、並んでいる人を見てみると?
なにやら、学生さんたちがたくさんいますね。
他に並んでいる人も、明らかに香港ローカルではなく、
おそらく、大陸からの観光客ではないかと。
学生さんたちも、これはきっと香港人ではないな。

蓮香樓はローカルの学生さんたちが、
気軽に来られるお店ではないのです。
修学旅行的なもので香港にやってきた、
中国本土、または台湾の学生さんたち、と分析してみました。

すべて私の独断と偏見です(笑)
そんなことを考えながら、街を歩くのも楽しいです。

それにしても、日本人は減りましたね。


IMG_9075_b.jpg
皇后大道中(Queen's Road Central)に出たので、少し西方向へ。

道路がカーブしているから、まるで行き止まりのように見えます。
2階建てバスが行き交い、息苦しいほどのビルが折り重なる街。
こんな景色も、歩いているだけでウキウキしてくる(笑)


IMG_9089_b.jpg
卑利街(Peel Street)を山手方向へ。

色鮮やかな春節のお飾りを売るお店もにぎやか。

ゆるやかな坂を、息を切らしながら上っていきます。
ゆるやかだけれど、上ってみると意外とキツい(笑)


IMG_9091_b.jpg
こちらは、日本の門松のように、春節には欠かせない橙(だいだい)

ビルやアパートメントの入口には必ず飾ってありますね。
2月の香港旅は、旧正月(春節)前だったので、
街はにぎやかなお正月ムードが漂います。


IMG_9092_b.jpg
な~んにもしなくていい香港の午後、
こんなふうにのんびりと、なんの制約もなく、
自由気ままに歩き回れる時間がもてるなんて、贅沢!

このうえない開放感に包まれながら、
3日目午後の中環(Central)クルーズは、まだまだ続きます(笑)



ブログランキングに参加しています。
下記のバナーを、ぽちっとクリックして
応援してくださぁいね♪


にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村








Tag:街歩き香港島  comment:2 

マーケットをかすめて駆け抜けるトラム

2015年2月の旅日記 vol.14

IMG_8847_b.jpg
湾仔の茶餐廳、瑞士咖啡室で休憩したお話から、
少し間があいてしまいました。

2月の香港旅日記、あら、まだ2日目の午後のお話が終わってなかった(笑)
2階建てのトラムに乗って、東を目指しましょう♪


IMG_8856_b.jpg
トラムの急な階段を上がって2階席へ。
あっ♪一番前の特等席が空いてました☆

窓から見た、香港の街です。銅鑼湾(Causeway Bay)の辺りかな?


IMG_8861_b.jpg
さらに東へ進み、北角(North Point)へ入り、
車窓の景色も少し変わっています。

さっきは車道を走っていたのに、今はマーケットの中を進んでいます!
もう目の前にお店や買い物客が迫っていますよ。

ここをトラムが走るなんて!日本ではあり得ないけれど、
そこが香港の楽しいところ(笑)


IMG_8981_b.jpg
春秧街(Chun Yeun Street)へは、
北角行きのトラムに乗って終点まで行けば到着です♪


IMG_8959_b.jpg
にぎやかなマーケット。
時間は、午後6時前後。

仕事帰りの人たちが、家路を急ぐ前に、
今日の晩ごはんの買い物をしているのかな。


IMG_8953_b.jpg
きゃぁ~~~おさかなのすぐそばにトラムが!!!

近い、近すぎるー!!!(笑)


IMG_8932_b.jpg
こちらはフルーツのすぐそばを走るトラム(笑)

日本では絶対許されない日常のひとこま。
接触事故もあるかもしれないけれど、
きっと、当たったほうが悪い!!! という、
香港の常識、日本の非常識???が成立しているのでしょう。

とにかく、圧巻なマーケットなのです(笑)


IMG_8900_b.jpg
むむむっ???なんだか気になって♪
この陳列、めちゃくちゃ目を引いてしまいました☆

バランス、難しそう(笑)


IMG_8987_b.jpg
マーケットからの帰りは、決まってトラムではなくMTRに乗る。
なぜだろう??
またトラムに乗って、反対方向の景色を眺めるのも、
それはそれで楽しいはずなのに。

夜になってトラムに乗ると、なんだかさびしい気がするからかも。
昼間はウキウキ気分で乗っていられるのに、
暗くなってからトラムに乗ると、急に孤独に襲われたりして(笑)

香港へは、最近はひとり旅が多くなりました。
現地では、友人宅に滞在するので、部屋に帰ると誰かがいるし、
友人と会ったり、ず~っとひとりでいるわけじゃないし、
そもそも、そんなに寂しがり屋でもないのに(笑)

けれど、MTRの北角駅を目指すのでした。

実はこの後、現地在住の幼なじみと夕食の約束をしていました。
だから孤独じゃないのに、
やっぱり雑踏に紛れられるMTRを選んでいました(笑)


ブログランキングに参加しています。
下記のバナーを、ぽちっとクリックして
応援してくださぁいね♪


にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村

Tag:街歩き香港島  comment:2 

香港にも来たのか?オーガニックウェーブ@湾仔街市

2015年2月の旅日記 vol.11

IMG_8813_b.jpg
湾仔街市

街市は、公設市場のような存在です。
あぁ、これも日本には昔は当たり前のようにあったのに、
今はほんとに数が減りましたね。

2015年2月4日から10日までの滞在の様子を綴る旅日記。
2日目の午後のお話は、まだまだ続きます♪

2日目は、深水埗(Sham Shui Po)からMTRに乗って、
湾仔(Wan Chai)へと移動して、のんびり散策。

いつも気になるたまご屋さんが、あぁまだあるな、と確認したりして(笑)
昨日は皮蛋(ピータン)のお話をご紹介しました。

さて、今日は湾仔街市をひとめぐり。


IMG_8786_b.jpg
街ナカの個人経営のお店も風情があって楽しいけれど、
街市は行政機関できちんと管理されているだけあって、
お買い物するにも一定の安定感はあります。

野菜ソムリエですので、やっぱり野菜は気になる気になる(笑)


IMG_8787_b.jpg
うわぁ、ゼブラなすもある♪

しかもすごく大きななすでした。

1斤=12元

1斤は、およそ600g、そして元は香港ドルの意味もあり、
この時のレートは1香港ドルは約14円だったので、
単純計算で600gのなすが168円!

安いですね~!!!

でも、これは日本の金銭感覚でのお話。
香港では、それが物価に見合った、
正当な値段なのかもしれません。


なんでも安ければいい、だけでは、
世の中回らないのでありマス。

日本の野菜にたとえてみると、
高い値段のものは、それなりに手がかかっていて、
出荷できるようになるまでに、
相当な時間や労力、設備投資などが行われているんですね。

誰かの仕事に対して、
それに見合った正当な対価が支払われてこそ、
みんなが幸せになれる、はずなのですが、
やっぱりついつい値段を見てしまう(笑)


IMG_8808_b.jpg
今年の2月、久しぶりに香港を訪れて、
びっくりしたのが、オーガニックの野菜!!!

本地有机菜

本地は香港、有机菜は有機野菜
机は、日本語にあてはめると「機」になります。

とうとう香港にも、オーガニックブームが降臨したのかー!!!


IMG_8806_b.jpg
日本では、プチトマトでしか見たことがない、
チョコレート色のトマト。


オーガニックブームの火付け役となったのは、アメリカ。
特に、セレブたちは熱心にオーガニックブームを牽引しています。

オーガニック以外の野菜は、毒だ!

と、言い切っている姿を、テレビで見たことがあります(苦笑)
少し、おかしな方向へ行ってしまっているような・・・。


そして、日本でも、有機栽培の野菜はもてはやされ、
少々値段が高くても購入する、
という人も多いのではないでしょうか。


IMG_8809_b.jpg
香港にも、オーガニックの波が、
ようやく到達したようですね。

あ♪ ロマネスコや紫のカリフラワーもありますよ。
野菜のトレンドは、日本とも似ているような気がします。

香港のオーガニック野菜も、高めのお値段設定のため、
それほど大ブームになっているようでもなく、
一部の人に限られているようですね。

でも、こうして店頭にも並ぶようになって来たら、
そのうちあっという間にブームになるのかも。


さて、日本でも根強い人気の有機野菜ですが、
実は少し懸念もあります。

明確な基準が設けられていないので、
実は何が安全か、そうでないのか、
あまりよくわからないというのが、今の現状。

生産者さん独自でいろいろな工夫を凝らし、努力を重ねて、
みなさん、すばらしい農作物を作っておられますが、
安全の基準がわかりづらいので、
購入する側が、しっかりと意識を持って、
選んでいかなければいけませんね。


IMG_8790_b.jpg
お豆腐類を販売するお店もありました♪

厚揚げやこんにゃくといったものも見えます。
日本とも共通する食文化があって、おもしろいですね。


IMG_8805_b.jpg
はい、ずらりと並んだお魚もご紹介しておきます(笑)

ほんとのナマモノなので、露店でブーブー車が通るすぐそばで、
むき出しに売られているものよりは、やはり衛生的??

そして日本のパック詰めのものより、断然おいしそうに見えます!


IMG_8801_b.jpg
やはり、お肉屋さんも素通りはできない(笑)

豚足さんがデデーンと・・・。

私は豚足などコラーゲンぶるぶるなものが、
実は得意ではないのですー^^;
お肌のためにはコラーゲンを摂りたいところですが、
あっ、お肌だけじゃなくて、関節とか、そういうところにも、
コラーゲンは必要なようです。潤滑油のような存在?

香港人は、コラーゲンものが好きですよねぇ。
豚足もそうだけど、飲茶に行くと、
鶏の足を甘辛く煮込んだものを、私の友人は必ずオーダーします。

ほとんど食べる部分はないのだけれど、
皮のコラーゲンに吸い付くかんじで(笑) 食べています。

私は鶏の足も苦手~!!!

「鶏の足」のお話、またご紹介しますね(笑)

2015年2月の旅日記 vol.10をお届けしました。
まだぜひ遊びに来てくださいね♪


ブログランキングに参加しています。
下記のバナーを、ぽちっとクリックして
応援してくださぁいね♪


にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村



Tag:街歩き香港島  comment:2 

クセのある皮蛋は大好きというわけではないけれど@香港・湾仔

2015年2月の旅日記 vol.10

IMG_8752_b.jpg
香港島にもいろいろ好きな場所がありますが、
湾仔(Wan Chai)もそのひとつなんです。

2月の香港滞在記、今日はvol.9
2日目の午後のお話。

九龍サイドの深水埗(Sham Shui Po)からMTRに乗って、
香港島へ移動してきました。
まだまだ2日目の午後のお話は続きます(笑)


IMG_8759_b.jpg
地上へ上がると、賑やかな喧騒に包まれます。

大きな金融機関のビルがあったり、
そうかと思えば生活圏の雑多なマーケットもあって、
いくつもの顔を見せてくれる街なのです。


IMG_8757_b.jpg
まぁ、派手なラッピング(笑)

香港島には、九龍サイドにはないトラムも走っていて、
各車両のラッピング広告もおもしろいですね。

道路の真ん中を、車と並走するトラムから見る景色も、
なかなか迫力がありますよ。

MTRでびゅ~んと移動も便利でいいけれど、
時間に追われていないのんびりツーリストは、
トラムに乗って街の景色を眺めるのも楽しいです。


IMG_8760_b.jpg
山側に向かって、いくつものストリートがありますが、
こんなマーケットがたくさんあります。

またまた買いたいものはないのだけれど、
見て歩くのが楽しくてしかたない(笑)


IMG_8768_b.jpg
ここにも旧正月用の飾りがいろいろ売られています。

香港へは、なぜか1~2月頃に来ることが多いので、
いつもこのあたりにくると真っ赤っ赤!

もしかしたら、年中赤いものが売られているのかもしれないけれど(笑)
次回の訪問も、おそらく冬になりそうなので、
夏にも売っているのか、確かめられるのは、
まだ先になりそうです、ふふふっ。


IMG_8778_b.jpg
湾仔には、いつも気になるたまご屋さんがあります。

買わないんだけど、いや、旅行中だから買えないんだけれど、
たまごが好きなんです~!

こんな風に、たまごが並べられて売っているのは、
日本ではもうほとんど見られません。

子供の頃は、同級生の家が市場でたまご屋さんをやっていて、
こんな風にたまごを並べ、
ひとつずつ裸電球の光に当てて、中身を確認して、
袋に入れてくれていました。

プラスチックのパックなんかなくて、
新聞紙にクルクルと包んでくれたような気がします。

もう40年以上前の記憶ー!!!
子供の頃のことはわりとよく覚えているのだけれど、
たまごを買った時、とうやって持って帰っていたか、
その記憶は曖昧になってしまっています。

今度、母に聞いてみよう(笑)


IMG_8780_b.jpg
皮蛋(ピータン) !!!

広東語では、べいだん~に聞こえてしまう私です(笑)

アヒルの卵に、泥や石灰質などの粘土や籾殻を塗り、
アルカリ性の状態で熟成させた中華食材。

アンモニア臭というか硫黄臭というか、強烈な刺激臭があるので、
苦手な人も多いかもしれません。

みなさんはいかがでしょうか??


DSCN4025_b.jpg
今回は食べる機会がなかったので、以前食べたものをアップします♪

添えられていた生姜やねぎと一緒に食べると、
ちょっとした前菜になって、グレードアップしていますが、
まっくろけっけっけな姿には、黄身や白身の面影もなく、
このビジュアルだけで食欲減退、
というかたもいらっしゃるかもしれません。

私も大好物、とまでは行きませんが、
せっかく中華圏に来ているのだから、
なるべく現地の雰囲気を味わいたいので、
機会があれば食べる、というかんじです。

香港に行かれたら、ぜひ皮蛋を味わってみてください♪
初めてのかたは、キョーレツな激臭に、
くれぐれもご注意くださいね(笑)


ブログランキングに参加しています。
下記のバナーを、ぽちっとクリックして
応援してくださぁいね♪


にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村

Tag:街歩き香港島  comment:0 

プロフィール

Hinako

Author:Hinako
フリーライターHinakoが綴る
甘くて辛い香港旅日記

フリーエリア
ブログランキング参加中♪
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。