スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

瑞士咖啡室で鴛鴦茶(珈琲紅茶)

2015年2月の旅日記 vol.12

IMG_8815_b.jpg
湾仔(Wan Chai) 街クルーズ。

2月の香港滞在記、のんびりと滞在2日目の午後のお話は続きます(笑)
前回の旅日記は、湾仔街市(公設市場)のオーガニック野菜をご紹介しました。

街市を出て、湾仔(Wan Chai)の街を歩きました。


IMG_8818_b.jpg
街を歩けばに当たる(笑)

よく見かけるのは、フルーツや野菜の種。

かぼちゃやすいかの種が多いですね。
乾燥させて香辛料をふりかけてあるものとか、いろいろあります。
中国茶のお茶うけとして食べるかぼちゃの種は、特に好き。

すいかの種も、中華圏では普通に食べますね。

日本人にとっては、すいかの種というと、盲腸を連想させません??(笑)
子供の頃は、親にこんなことをいわれていました。

すいかの種を食べると盲腸になるから、
食べてはいけない



だから、すいかを食べる時は、必死で種を出して、
絶対に食べないように緊張しながら食べました(笑)

でも、種ってほんとはいちばんパワーを秘めたもの。
そこからまた新しい芽が出て、生命を繋いでいくのだから。

中国の人たちは、ずっと昔からそのチカラを活用していたんですね。


IMG_8821_b.jpg
おいしそうなパンの向こうに、揚餃子のようなものが見えますね。
これもお正月に食べるもののひとつ。

餃子は昔の中国のお金のカタチに似ているので、
旧正月(春節)に餃子を食べる習慣が、古くから中国北部にはありますが、
それが今では中華圏で広く伝わっているのでしょうか。

そういえば、香港人の友人が、
旧正月前に家族の写真を送ってくれた時にも、
揚餃子を作っている様子が写っていたのを思い出しました。


IMG_8823_b.jpg
トラムが走るJhonston Roadが見えて来ました。

ここで少しトラムは右斜め前にカーブして行き、
軒尼詩道(Hennessy Road)へ合流していきます。


IMG_8828_b.jpg
信号待ちをしていると、まるで韓流スターのような4人組の後ろ姿が(笑)

香港人にはあまり見かけないようなスタイルだったけれど、
韓流ブームの流れで、コリアナイズされた人たちも増えているのかも??

などと考えていると、ふと目に飛び込んできた
瑞士咖啡室の文字。

よぉし、あのカフェで休憩しよう(笑)


IMG_8837_b.jpg
ビルの2階にあります。英語名はSwiss Cafeでした。
ドアの外から中を見てみると、夕食までにはまだ時間があるからか、
中の様子はゆったりとしていて、空いていました。


IMG_8829_b.jpg
昼間はカフェのような様相だけれど、
茶餐廳のようでもあり、軽食も置いています。

そしてお客さんの年齢層は高めだった(笑)


IMG_8835_b.jpg
コーヒーにしようかとも思ったけれど、
ひさしぶりにコレにしてみました。 

鴛鴦茶!!!(インヤンティ)

これ、世にも不思議な飲み物です。
見た目はいたって普通なのだけれど(笑)

なんと、コーヒーと紅茶をブレンドしたもの。

ミルクも入っているから、カフェオーレのようなかんじ。
紅茶の味はあまりわからないのですが、
なかなかおいしいんですよ♪

でも、これも話のネタに、とオーダーしたまでです。わははっ


IMG_8838_b.jpg
窓の外に、湾仔(Wan Chai)の街の様子が見えました。
忙しそう~(笑)

しばらく街の喧騒から逃れてホッと一息ついたから、
さぁまたにぎやかな街へ戻りましょうか。

騒々しくて暑苦しくも、愛すべきあの雑踏へ。



ブログランキングに参加しています。
下記のバナーを、ぽちっとクリックして
応援してくださぁいね♪


にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Tag:香港スイーツ  comment:4 

三金西瓜霜

IMG_6446_b.jpg
三金西瓜霜

香港在住の幼なじみが、この夏に一時帰国した際に、
おみやげにくれたものの中に、この箱がありました。

これは咳止め薬なのだそう。

幼なじみと帰国後の予定を相談していた時、
私が夏風邪をひき、咳がしつこく残り、
突然むせたりするという話をしていたら、
この薬をおみやげの中に忍ばせてくれていました。

ありがとう♪

その時は、自然と咳もおさまったので、
これを飲むことなく過ごしたのですが、
時は流れ、先週のシルバーウィーク。

我が家は愛犬ビーグルと一緒に、関東方面へ
ドライブ旅行に出かけていたのですが、
出発前にまたノドが少しイガイガする~!!!

・・・ということで、この三金西瓜霜のいよいよ出番か?!
っと、バッグに入れて持っていったのですが、
車で東京入りし、最初の目的地の東京タワーを見る頃には、
すっかりノドの痛みも鳴りを潜めていたのでした。

はははっ、最初の目的地が東京タワーって^^;
うちのワンコは東京へ行くのは初めてなので、
やっぱり東京タワーが最初の訪問地にふさわしいかと(笑)

その後、浅草やスカイツリー方面へも行きましたよ♪


ということで、またまた三金西瓜霜の出番はなかったのだけれど(笑)
もし、お世話になる時が来たら、その効果のほどを
お伝えしたいと思います♪

ブログランキングに参加しています。
下記のバナーを、ぽちっとクリックして
応援してくださぁいね♪


にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村

Tag:香港ミニストーリー  comment:0 

香港にも来たのか?オーガニックウェーブ@湾仔街市

2015年2月の旅日記 vol.11

IMG_8813_b.jpg
湾仔街市

街市は、公設市場のような存在です。
あぁ、これも日本には昔は当たり前のようにあったのに、
今はほんとに数が減りましたね。

2015年2月4日から10日までの滞在の様子を綴る旅日記。
2日目の午後のお話は、まだまだ続きます♪

2日目は、深水埗(Sham Shui Po)からMTRに乗って、
湾仔(Wan Chai)へと移動して、のんびり散策。

いつも気になるたまご屋さんが、あぁまだあるな、と確認したりして(笑)
昨日は皮蛋(ピータン)のお話をご紹介しました。

さて、今日は湾仔街市をひとめぐり。


IMG_8786_b.jpg
街ナカの個人経営のお店も風情があって楽しいけれど、
街市は行政機関できちんと管理されているだけあって、
お買い物するにも一定の安定感はあります。

野菜ソムリエですので、やっぱり野菜は気になる気になる(笑)


IMG_8787_b.jpg
うわぁ、ゼブラなすもある♪

しかもすごく大きななすでした。

1斤=12元

1斤は、およそ600g、そして元は香港ドルの意味もあり、
この時のレートは1香港ドルは約14円だったので、
単純計算で600gのなすが168円!

安いですね~!!!

でも、これは日本の金銭感覚でのお話。
香港では、それが物価に見合った、
正当な値段なのかもしれません。


なんでも安ければいい、だけでは、
世の中回らないのでありマス。

日本の野菜にたとえてみると、
高い値段のものは、それなりに手がかかっていて、
出荷できるようになるまでに、
相当な時間や労力、設備投資などが行われているんですね。

誰かの仕事に対して、
それに見合った正当な対価が支払われてこそ、
みんなが幸せになれる、はずなのですが、
やっぱりついつい値段を見てしまう(笑)


IMG_8808_b.jpg
今年の2月、久しぶりに香港を訪れて、
びっくりしたのが、オーガニックの野菜!!!

本地有机菜

本地は香港、有机菜は有機野菜
机は、日本語にあてはめると「機」になります。

とうとう香港にも、オーガニックブームが降臨したのかー!!!


IMG_8806_b.jpg
日本では、プチトマトでしか見たことがない、
チョコレート色のトマト。


オーガニックブームの火付け役となったのは、アメリカ。
特に、セレブたちは熱心にオーガニックブームを牽引しています。

オーガニック以外の野菜は、毒だ!

と、言い切っている姿を、テレビで見たことがあります(苦笑)
少し、おかしな方向へ行ってしまっているような・・・。


そして、日本でも、有機栽培の野菜はもてはやされ、
少々値段が高くても購入する、
という人も多いのではないでしょうか。


IMG_8809_b.jpg
香港にも、オーガニックの波が、
ようやく到達したようですね。

あ♪ ロマネスコや紫のカリフラワーもありますよ。
野菜のトレンドは、日本とも似ているような気がします。

香港のオーガニック野菜も、高めのお値段設定のため、
それほど大ブームになっているようでもなく、
一部の人に限られているようですね。

でも、こうして店頭にも並ぶようになって来たら、
そのうちあっという間にブームになるのかも。


さて、日本でも根強い人気の有機野菜ですが、
実は少し懸念もあります。

明確な基準が設けられていないので、
実は何が安全か、そうでないのか、
あまりよくわからないというのが、今の現状。

生産者さん独自でいろいろな工夫を凝らし、努力を重ねて、
みなさん、すばらしい農作物を作っておられますが、
安全の基準がわかりづらいので、
購入する側が、しっかりと意識を持って、
選んでいかなければいけませんね。


IMG_8790_b.jpg
お豆腐類を販売するお店もありました♪

厚揚げやこんにゃくといったものも見えます。
日本とも共通する食文化があって、おもしろいですね。


IMG_8805_b.jpg
はい、ずらりと並んだお魚もご紹介しておきます(笑)

ほんとのナマモノなので、露店でブーブー車が通るすぐそばで、
むき出しに売られているものよりは、やはり衛生的??

そして日本のパック詰めのものより、断然おいしそうに見えます!


IMG_8801_b.jpg
やはり、お肉屋さんも素通りはできない(笑)

豚足さんがデデーンと・・・。

私は豚足などコラーゲンぶるぶるなものが、
実は得意ではないのですー^^;
お肌のためにはコラーゲンを摂りたいところですが、
あっ、お肌だけじゃなくて、関節とか、そういうところにも、
コラーゲンは必要なようです。潤滑油のような存在?

香港人は、コラーゲンものが好きですよねぇ。
豚足もそうだけど、飲茶に行くと、
鶏の足を甘辛く煮込んだものを、私の友人は必ずオーダーします。

ほとんど食べる部分はないのだけれど、
皮のコラーゲンに吸い付くかんじで(笑) 食べています。

私は鶏の足も苦手~!!!

「鶏の足」のお話、またご紹介しますね(笑)

2015年2月の旅日記 vol.10をお届けしました。
まだぜひ遊びに来てくださいね♪


ブログランキングに参加しています。
下記のバナーを、ぽちっとクリックして
応援してくださぁいね♪


にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村



Tag:街歩き香港島  comment:2 

クセのある皮蛋は大好きというわけではないけれど@香港・湾仔

2015年2月の旅日記 vol.10

IMG_8752_b.jpg
香港島にもいろいろ好きな場所がありますが、
湾仔(Wan Chai)もそのひとつなんです。

2月の香港滞在記、今日はvol.9
2日目の午後のお話。

九龍サイドの深水埗(Sham Shui Po)からMTRに乗って、
香港島へ移動してきました。
まだまだ2日目の午後のお話は続きます(笑)


IMG_8759_b.jpg
地上へ上がると、賑やかな喧騒に包まれます。

大きな金融機関のビルがあったり、
そうかと思えば生活圏の雑多なマーケットもあって、
いくつもの顔を見せてくれる街なのです。


IMG_8757_b.jpg
まぁ、派手なラッピング(笑)

香港島には、九龍サイドにはないトラムも走っていて、
各車両のラッピング広告もおもしろいですね。

道路の真ん中を、車と並走するトラムから見る景色も、
なかなか迫力がありますよ。

MTRでびゅ~んと移動も便利でいいけれど、
時間に追われていないのんびりツーリストは、
トラムに乗って街の景色を眺めるのも楽しいです。


IMG_8760_b.jpg
山側に向かって、いくつものストリートがありますが、
こんなマーケットがたくさんあります。

またまた買いたいものはないのだけれど、
見て歩くのが楽しくてしかたない(笑)


IMG_8768_b.jpg
ここにも旧正月用の飾りがいろいろ売られています。

香港へは、なぜか1~2月頃に来ることが多いので、
いつもこのあたりにくると真っ赤っ赤!

もしかしたら、年中赤いものが売られているのかもしれないけれど(笑)
次回の訪問も、おそらく冬になりそうなので、
夏にも売っているのか、確かめられるのは、
まだ先になりそうです、ふふふっ。


IMG_8778_b.jpg
湾仔には、いつも気になるたまご屋さんがあります。

買わないんだけど、いや、旅行中だから買えないんだけれど、
たまごが好きなんです~!

こんな風に、たまごが並べられて売っているのは、
日本ではもうほとんど見られません。

子供の頃は、同級生の家が市場でたまご屋さんをやっていて、
こんな風にたまごを並べ、
ひとつずつ裸電球の光に当てて、中身を確認して、
袋に入れてくれていました。

プラスチックのパックなんかなくて、
新聞紙にクルクルと包んでくれたような気がします。

もう40年以上前の記憶ー!!!
子供の頃のことはわりとよく覚えているのだけれど、
たまごを買った時、とうやって持って帰っていたか、
その記憶は曖昧になってしまっています。

今度、母に聞いてみよう(笑)


IMG_8780_b.jpg
皮蛋(ピータン) !!!

広東語では、べいだん~に聞こえてしまう私です(笑)

アヒルの卵に、泥や石灰質などの粘土や籾殻を塗り、
アルカリ性の状態で熟成させた中華食材。

アンモニア臭というか硫黄臭というか、強烈な刺激臭があるので、
苦手な人も多いかもしれません。

みなさんはいかがでしょうか??


DSCN4025_b.jpg
今回は食べる機会がなかったので、以前食べたものをアップします♪

添えられていた生姜やねぎと一緒に食べると、
ちょっとした前菜になって、グレードアップしていますが、
まっくろけっけっけな姿には、黄身や白身の面影もなく、
このビジュアルだけで食欲減退、
というかたもいらっしゃるかもしれません。

私も大好物、とまでは行きませんが、
せっかく中華圏に来ているのだから、
なるべく現地の雰囲気を味わいたいので、
機会があれば食べる、というかんじです。

香港に行かれたら、ぜひ皮蛋を味わってみてください♪
初めてのかたは、キョーレツな激臭に、
くれぐれもご注意くださいね(笑)


ブログランキングに参加しています。
下記のバナーを、ぽちっとクリックして
応援してくださぁいね♪


にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村

Tag:街歩き香港島  comment:0 

杏仁豆腐好きなヤップンヤン

2月の香港滞在記をお伝えしているところですが、
今日は少し以前のお話を。

さて、今日のタイトルのヤップンヤン

香港リピーターのみなさんにはおなじみの言葉ですが、
広東語で「日本人」の意味です。

香港に行くと、よく耳に飛び込んでくる言葉です(笑)

ちなみに、北京語で日本人はリーベンレン、といい、
あぁ、この人は北京語を話してるんだな、と見分ける目安になったり(笑)

余談ですが、私は香港では、なぜか台湾人に間違われます。

なんでやー?!

そういう顔をしているそうです。う~ん、よくわかりません(笑)


DSCN3589_b.jpg
写真ではフルーツが目立っていますが、
これは杏仁豆腐です。

食事の後にオーダーしたデザートです。

私はマンゴー系のデザートが好きなので、
よくマンゴープリンとか、そういったものを食べるのですが、
この日は少し趣向を変えて、杏仁豆腐にしました。

杏仁豆腐もおいしいですよねぇ。

でも、同席していた現地在住歴の長い日本人女性は、
私に向かっていいました。

杏仁豆腐って、日本人しか頼まないよ。

と。ええーっ?! そうなの??

私たち日本人にとっては、中華料理のデザートというと、
真っ先に杏仁豆腐を思い浮かべませんか?

日本で中華料理を食べに行くと、
メニューには、必ずデザートの筆頭にその名があります。

香港のレストランのメニューにも書いてあるから、
一般的なメニューなのだと思っていました。

それは、日本人が食べたがるからよ!

と、あくまで塩対応な彼女に、ビックリ^^;

なるほど~。そんなに日本人は杏仁豆腐が好きなのか。
いや、いかに中華料理のデザートを知らないのか、ということですね。

みなさん、現地では杏仁豆腐以外のデザートにも、
ぜひチャレンジしてみてくださいね♪


ブログランキングに参加しています。
下記のバナーを、ぽちっとクリックして
応援してくださぁいね♪


にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村

Tag:香港ミニストーリー  comment:0 

香港人が大好きなガチョウのローストのせご飯【焼鵝焼味飯】

2015年2月の旅日記 vol.9

IMG_8689_b.jpg
2015年の旧正月は、2月19日(木)。

旧正月は、旧暦の上でのお正月のことで、
香港をはじめ中華圏では「春節」というのが一般的です。

日本は新暦にしたがって、1月1日を元旦としていますが、
お正月に関しては中華圏では今でも旧暦を用いているので、
毎年、元旦にあたる日は変動します。

私は、今年2月、旧正月前の4日から10日まで、
香港人の友人宅に滞在していました。

街を歩くと、お正月用品がいたるところで売られていて、
街中が赤く染まるくらいの大賑わい。

中華圏の人たちにとって、赤色は幸運をもたらす色だったり、
金運がよくなる、など、縁起のいい色として、
お正月以外にも、花嫁の婚礼衣装も、もちろん赤。

もっとも、最近では西洋式の白いドレスも普及しているし、
日本のウェディングサービス会社が、
日本で行っているセレモニー一式を中国で行うサービスを提供したりして、
「白」も、若い人の中には浸透しつつあるようです。


IMG_8688_b.jpg
香港旅日記は、本日vol.8 まだまだ2日目の午後の、
深水埗(Sham Shui Po)お話が続いています(笑)

街を歩いていると、おいしそうなものがいろいろ売られています。

この日は、山東餃子館でランチをしてから、
ローカルショップをぐるぐると見て歩き
その後、華南冰室で、ホットコーラ(熱可樂)
パイナップルパンにバターをはさんだ菠蘿油(ぼーろーやう)を食べ、
おなかは全然減っていなかったので、
おいしそうなものも、残念ながら素通り(笑)


IMG_8687_b.jpg
ガチョウのローストをご飯にのせる焼鵝焼味飯

これが香港の人たちは好きみたい。
街を歩けば、ガチョウが店先にぶら下がっているのにあたる(笑)

イートインで食べる場合もあるだろうし、
テイクアウトのお弁当を買って帰り、
オフィスでのランチにしたり、お店で店番しながら、
豪快にかき込んでいる人も街ナカの当たり前の風景。

おいしそう・・・なんだけれど、
私は実は、ごはんにおかずのっけが苦手なタイプ^^;

特に、機内食でごはんの上に豪快にお肉や野菜がのっかって、
タレがごはんにしみているのが、大の苦手(汗)

できれば、ごはんとおかずは別に食べたいのですー(笑)

いや、待てよ・・・。
でも、親子丼とかカツ丼とか、もちろんカレーライスとかは、
全然のっけ盛りでも大丈夫だぁー!!!

食べ慣れたものは、全然イケて、
そうでない外国チックなものは、ごはんにのせたくない、
という、なんだかワガママなお話になってしまいましたね。むははっ


IMG_8692_b.jpg
こんなお豆腐チックなものもありますよ♪

日本の絹こし豆腐のようななめらかさはなく、
高野豆腐の水分を絞ったようなかんじ。
保存食なのかもしれませんね。

油で揚げたものを、店先で売っているのを、
見たことがあったような気もします。


IMG_8714_b.jpg
街を歩けば角丸ビルにあたる(笑)

ぐるぐるディープな深水埗(Sham Shui Po)散策、
いろいろ満喫してきましたが、さ~ぁ、そろそろ次の場所へ移動しましょうか。

MTRに乗って、いよいよこの旅初めての、香港島エリアへ向かいます。
九龍サイドも大好きだけれど、シマ(香港島)にはシマのよさがある。

同じ香港でも、九龍サイドとはまた少し違った風が吹いています。


お読みいただきありがとうございました。
またぜひ遊びに来てくださいね♪


ブログランキングに参加しています。
下記のバナーを、ぽちっとクリックして
応援してくださぁいね♪


にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村

Tag:香港ローカルグルメ  comment:0 

華南冰室でB級グルメ

2015年2月の旅日記 vol.8

IMG_8744_b.jpg
2月の香港滞在記をお届けしています。
今日はvol.7 2日目の午後のお話です。

2日目は香港・深水埗(Sham Shui Po)で、
香港在住の幼なじみと少し早めのランチをしてから、
ひとりでのんびりと深水埗をブラブラ。

友人へのおみやげにスマホケースを買ったり
野菜ソムリエとしても興味津々の地元の青果店をチェックしたり、
ディープな深水埗散策は続きます。

桂林街を歩いていたら、素通りできないお店が(笑)

ショーケースの中身が、私を惹き付けて離さない♪


IMG_8716_b.jpg
華南冰室

冰室は、軽食が中心でお茶が楽しめる、喫茶店といったかんじ。
決してカフェではない、きっさてん。
年齢層はわりと高めで、おっちゃん率高し(笑)

気にせず中へ入ります♪
けっこう混んでます!


IMG_8727_b.jpg
もっとおいしいものもあるけれど(笑)

ビジュアルとしては、やっぱりいっとくべきでしょう♪
ということで、ホットコーラ!!!

熱可樂とメニューには書いてあります。

日本でもホットジンジャエールというのが、
少し前に販売されて、興味本位で飲んでみたことがあるけれど、
あれは、きちんと温かい炭酸飲料だった。
すごい技術なんだろうなぁ。

香港のホットコーラは、
そのすごい技術が開発されるずっと前から存在していて、
普通に街ナカのお店でよく見かけます。

でもね、香港のは、画期的な技術があるわけでもなく、
きっと普通のコーラをそのまま温めているのだと思われます(笑)

だから、温めて運んできてくれる頃には、
炭酸はすっかりナリを潜めているのでした。はははっ・・・


IMG_8731_b.jpg
レモンたっぷりなのがうれしいです。

スプーンで果汁をギュギュっと押さえて、
酸っぱくして飲むと、風邪に効く、と、
香港の人たちは信じているらしい。

う~ん、レモンのビタミンCは熱に弱いとオモウ(笑)


IMG_8729_b.jpg
すご~くおいしい、とまではいかないのだけれど、
何度でも食べたくなる不思議なおやつ、パイナップルパン!

菠蘿包(ポーロパウ)

オーダーする時は、ぼーろーばう、で通じます(笑)

きっとパイナップルエキスなど入っていないのだろうけれど、
日本のメロンパンとおなじようなかんじで、
パン生地の上にクッキー生地をのせて焼き上げたもの。

表面はサクッとした食感で、ほんのり甘いのです。


IMG_8730_b.jpg
お店でオーダーすると、中にバターをはさんだものが出てきます。

菠蘿油(ぼーろーやう)というメニューです。

これは、地味にハマる味♪
日本のメロンパンにも、バターをはさんでみたら
おいしいのかもしれない(笑)


IMG_8724_b.jpg
私が食べたものじゃないけれど(笑)

香港では、テーブルで相席は当たり前のこと。
断りもなしに、ドカッと目の前に人が座ってきます。

ご多分に漏れず、おひとりさまの私の前にも、
ジモティのおじちゃんが座りました。

自分では絶対オーダーしないマカロニ入りスープ!!!
これはシャッターチャンス♪と思って、
写真を撮ってもいいか聞いてみたら、OKしてくれたので、
パシャリと(笑)

このメニュー、ローカルの人たちはよく食べているんですよね。
おいしいのかなー??? ナゾ(笑)


IMG_8725_b.jpg
朝ごはんのようなメニューも、おじちゃんが食べていたもの。

午後の遅い時間でも、この組み合わせは普通に食べられています。
両面焼かれた目玉焼きにトースト、
見ていたら、私も食べたくなってしまいました。

でも、食べなかったけれど(笑)

今度どこかで食べてみようかな♪


IMG_8742_b.jpg
気軽に入れる冰室は、人との出会いも
なかなか楽しいですね♪


華南冰室
九龍深水埗桂林街87號地下



ブログランキングに参加しています。
下記のバナーを、ぽちっとクリックして
応援してくださぁいね♪


にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村


Tag:香港スイーツ  comment:2 

閑話休題。若き日の鄭伊健!!!

2015年2月の旅日記 vol.7

IMG_8726_b.jpg
2月の香港滞在記をお伝えしているところですが、
ちょっとブレークタイム♪

深水埗(Sham Shui Po)を歩いていたら、
こんな古めかしいポスターに出会いましたー(笑)

お肌ツルツルだった頃のイーキン・チェンがよみがえる!!!

私が最初に憧れた香港明星は、鄭伊健でした。
熱狂的ではなくなったけれど、
今でもイーキン情報はチェックしてますよ。

実は、生イーキンには、
香港で1度、東京で1度、遭遇しています。

香港では、新聞に載っていた情報を頼りに、
イーキンが来るよ、と書いてあった場所へ行き、
初めての出待ち(笑)

5時間ほど待って、生イーキンに会えました☆

2度目は、東京国際映画祭に、
ゲストとしてやってきたイーキンのトークショーに参加。

そこで見たのが2度目まして。

2度会えたのだから、3度目もあるだろう、
なんて思っていたら、それからもう7~8年は経っている^^;

次、3度目に会えるのはいつのことでしょう??
きっとまた会えると信じたい☆


ブログランキングに参加しています。
下記のバナーを、ぽちっとクリックして
応援してくださぁいね♪


にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村



Tag:香港ミニストーリー  comment:0 

フォトジェニックな街歩き@香港・深水埗(Sham Shui Po)

2015年2月の旅日記 vol.6

IMG_8747_b.jpg
2月の香港滞在記。

2日目のランチで、幼なじみのMちゃんとそのお友達で、
香港・深水埗(Sham Shui Po)山東餃子館へ行きました。

その後、ひとりで散策しながら、
おみやげ用のスマホケースを買ってみたり(笑)
香港の街の喧騒とは裏腹に、
誰に束縛されるでもなく、締め切りに追われるでもなく、
のんびり、ゆるゆるとした時間が流れます。

あ~至福のひととき♪


IMG_8680_b.jpg
街には、まだこんな対面販売の青果店があちこちに残っています。

これは、よく麺粥店で見かける青菜じゃありませんか♪
ターツァイ、なんてよく言っているけれど、
広東語ではなんというんだろう?

油で炒めたものや、茹でてオイスターソースがたっぷりかけられたもの。

ベジタボー。

と、日本語みたいな英語でオーダーしても、
だいたい通じます(笑)


IMG_8700_b_2015090821213633b.jpg
なんてフォトジェニックなんでしょうか♪

こんなふうに、モリモリ盛られた野菜が並ぶお店には、
日本ではなかなか出会えなくなりました。

ファーマーズマーケットのような、
おしゃれなマルシェなんかでは、
狙ってディスプレイしているところもあるけれど、
こんなに臨場感や生活感にあふれるビジュアルは、
作り物のマルシェには存在しない。

ここに、人々の生活があるからこその風景。


IMG_8684_b.jpg
トマトも元気そうだなぁ(笑)
ヘタを見てください、日本のものよりも、がっしりと太いですね。

日本では、カラフルなトマトが大ブーム。
ミニトマトや水分をあまり与えず育てた小ぶりのトマトが、
フルーツトマトとして大人気だったり、
小ぎれいな野菜が受け入れられています。


IMG_8697_b.jpg
香港で見る野菜は、どれも生命力が強そうです。

香港近郊で作られているものや、
もちろん大陸で作られているものがほとんどなんだろうけれど。


IMG_8695_b.jpg
ほら♪ 大根もありますよ♪

大根って、和食と縁が深い野菜だから、
日本の野菜だと思うでしょ?
でも実は、地中海沿岸や中央アジア、
そして中国華南地方原産説があって、
日本へは、もちろん中国を経由して入ってきた野菜なんです。

あ、いちおう野菜ソムリエなものですから(笑)
海外へ出かけても、現地のマーケットはとても気になります。


IMG_8706_b.jpg
下のほうに置かれているのはつぶれてないのかなー?!
なんてよけいな心配をしてしまうディスプレイ。

見ている分には迫力満点で楽しいけれど(笑)


IMG_8683_b.jpg
アジアらしいフルーツも載せておこう。

スターフルーツは、シャリシャリとした梨のような食感。
食べたのは、マレーシアでした。

香港でよく見かけるマンゴーもそうだけれど、
フルーツはフィリピンやタイから輸入されているものが多いですね。

香港産のフルーツは、あまり見たことがないかも。

巨大な胃袋・香港には、各地からいろんなものが
集まって、食品のるつぼとでもいうか、
とにかく、人も物もお金も集まってくるかんじ。

お金は、一時にくらべたら、集まりにくくなったのかな(笑)


IMG_8707_b.jpg
野菜ソムリエですが、たんぱく質も食べますよ♪

ということで、魚屋さんも気になります。
豪快にさかなが店頭に並んでいますね。

日本では、パック詰めのお魚が当たり前になってしまったけれど、
子供の頃はお魚は魚屋さんへ買いに行くものだった。

おいしい食べ方を教えてもらったり、
お店のおじちゃんやおばちゃんは、
同級生のお父さんやお母さんだったりして、
そこへ行くと、何か会話が生まれて、
人の温かさが伝わってきたものでした。

今はねぇ、そういうのがわずらわしい、って、
思う自分がいたりもして、少し気持ちは複雑な時もある。

でも、なぜか旅先では、
たどたどしい英語や広東語で、
必死でコミュニケーションを取ろうとしてる自分に気付き、
ちょっと笑ってしまうこともあるのです。

わずらわしいことから遠ざかりたくて旅に出るのに、
旅先ではコミュにメーションを求めるなんてね(笑)


IMG_8709_b.jpg
お肉屋さんも、このワイルドさがまだ健在ですよぉ。

以前、友人に同じような写真を見せて、
香港の話をしたら、顔を背けていましたよ^^;

この写真は、まだマイルドなほうですよねぇ~??


何も買わない、いえ、買えないんだけれど、
街ナカにあるお店を丁寧に見て回るだけでも、
ワクワクと楽しい気持ちになるのでした。

深水埗(Sham Shui Po)、なかなかおもしろいですよ♪


お読みいただきありがとうございました。
ぜひまた遊びに来てくださいね♪


ブログランキングに参加しています。
下記のバナーを、ぽちっとクリックして
応援してくださぁいね♪


にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村










Tag:街歩き九龍サイド  comment:0 

おみやげ用のスマホケース@香港・深水埗(Sham Shui Po)

2015年2月の旅日記 vol.5

IMG_8660_b.jpg
深水埗(Sham Shui Po)
MTR荃灣線(Tsuen Wan Line)の旺角(Mong Kok)から2駅荃灣寄りの駅。

ガイドブックでは、
旺角(Mong Kok)あたりまでの情報は載っているけれど、
深水埗まで紹介しているのは、
よほどページ数が多いものでなければ、
あまり紹介されることはないエリアかも。

こんな角丸なビルが、香港の街ナカにはよくあります。
ピンクと紫の外壁は、日本では目立ちすぎるけれど、
香港なら全然気にならないのが不思議(笑)


IMG_8657_b_201509052216122db.jpg
2月の香港滞在記。

今日はVol.5 香港2日目の午後。
香港在住の幼なじみMちゃんと現地のお友達と、
山東餃子館でのランチ後のお話です。

特にあてがあったわけでもなく、
ただただ、自由な時間を満喫しながら歩く街。

露店が並ぶストリートでも、
買いたいと思えるものは売っていないし(笑)

でも、お店を見るともなしに歩くのが楽しいのです。
たまには掘り出し物があったりしてね(笑)


IMG_8662_b.jpg
衣類や食料品の他にも、こんな携帯グッズも売られています。
少し前までは見かけなかったスマホ関連の製品。

日本では、ガラケーを使う人もけっこういるけれど、
香港で見かけるのは、ほとんどスマホだったような気が。


IMG_8664_b.jpg
見て回っていたら、突然買いたいものが(笑)

友人に頼まれていたスマホケース。
その友人も香港へはたびたび来ていて、
街で見つけたら、スマホのケースを購入するのだそう。

日本で買うよりは断然安いから、
チープなものをいくつも揃えて、
その日の気分で着せ替えるんですって。

フタ付きのものをご所望で、いくつかおみやげに買いました。
ここで見つけてよかったぁ。
頼まれごとは、早めに終わらせておくと気がラクだから(笑)

私はアンチフタ付き派。
フタがあったほうが、キズも付きにくいし、
いいのかもしれないけれど、フタはいらないな。

そして、1つのものをずっと使い続けるタイプ。
気分によって変えたりはしなくて、
愛着をもった1つを、こよなく愛します(笑)


IMG_8658_b.jpg
香港ビギナーの頃は、
姪っ子にこんなものを買って帰ったことも。

今思えば、もらったほうも困ったかもしれないな(汗)
着て行ける場所がない~(笑)


IMG_8653_b.jpg
きゃっ♪ 赤色健康法が実践できそう(笑)

赤い下着を身に付けると、血行を促進して、
健康になれる、というような健康法がありますよね。

その真偽はわからないけれど、
赤いものを身に付けると、
高揚感のようなものが感じられるのは、
確かにあるような気がします。

だからと言って、昼日中のこんな明るいところで、
下着を選ぶ勇気は、さすがになかった(笑)


IMG_8705_b.jpg
こんな赤いものも見つけました。

ちょうど旧正月前で、お正月準備品も、
街ナカではたくさん見かけました。

これは羊羹のようなものなのかな?
どうやらお正月に食べるものみたい。


IMG_8711_b.jpg
賀年糖果
これも、お正月に食べる、季節モノのお菓子みたいです。

よ~く見てみると、ごまのようなものが。
ごま団子のようなものなのかも。


IMG_8712_b.jpg
ええっ?! 活きのよい果物ぉ~???

ドライフルーツになっているから、
新鮮さのかけらもないのだけれど(笑)

おかしな日本語シリーズ。
ずいぶん減ったようには思うけれど、
目を凝らせば、プププなものに出会います♪


ブログランキングに参加しています。
ぽちっとクリックで応援してくださぁいね♪

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村

Tag:街歩き九龍サイド  comment:0 

山東餃子館@香港・深水埗(Sham Shui Po)

2015年2月の旅日記 vol.4

IMG_8684_a.jpg
2月の香港滞在の様子を綴る旅日記。
今日はVol.4 香港2日目のお話です。

この日は、香港在住19年の幼なじみMちゃんと合流して、
ランチに行ってきました。

5歳の頃から小学校3年生になるまで、
ほぼ毎日遊んでいた友達で、
ずいぶん長い間、離れていた時期もあったけれど、
昨年のお正月に、Mちゃんが大阪の実家へ帰省した時に、
遊びに行かせてもらって久しぶりに再会。

それから、約1年ぶりにまた香港で会うことができて、
Mちゃんの現地のお友達、Iちゃんも一緒に来てくれました。

MTRの深水埗(Sham Shui Po)駅で待ち合わせ。

深水埗(Sham Shui Po)は、九龍サイドにあるディープなエリア。
チープなマーケットがあったり、
目的もなくブラブラと街歩きするのも楽しいです。

ガイドブックでは、あまり熱心には紹介されていないのだけれど、
私はとても気に入っています。


IMG_3289_a.jpg
幼なじみMちゃんの現地のお友達Iちゃんの案内で、
山東餃子館へ。

大陸の「山東省」から名前をつけたと思われる、
ローカル料理店。

餃子は、日本人は中国料理として認識していますが、
広い中国のなかでも、東北部や北方の、
北京や山東省などで食べられるものなんですね。
香港など南方の広東エリアでは見かけない料理で、
北方~東北部料理店へ行かないと出会えません。


IMG_3392_b.jpg
まずは、おつまみ的にきゅうり。

これがまたびっくりするくらいおいしいのです!

にんにくたっぷりの浅漬けのようなかんじで、
お箸が止まらなくなってしまうほど(笑)

すりおろした生のにんにくが、これほどかかっていると、
少し辛くなってしまいそうですが、
全然辛味を感じずに、食欲をそそる香りが広がります。


さすがローカル生活の長い友人たちは、
お店に入る前に、しっかりビールを購入。

アルコール類を置いていないローカル店では、
持ち込みもOKなのだそう。

もちろん、すべてのお店でOKというわけはないと思うので、
初めて入るお店では、いちおう確認してみてくださいね。


IMG_0033_a.jpg
ついついオーダーしてしまうのは、青菜。

これは、芋のツルと葉??

ちゃんと確認しておけばよかったなぁ・・・と今頃後悔^^;

茎がしっかりしていて、食べごたえも充分。
よく噛んで食べました(笑)


IMG_8302_a.jpg
楽しみにしていた紅油炒手

四川風雲呑、みたいな表現がピッタリくるかも。

ピリッと辛味のあるソースがかかっていて、
辛いもの好きにはたまらない♪

さらに、生のおろしにんにくもどっさりかかっています!

以前、四川料理のお店で食べてから、大ファンに♪


IMG_7787_a_20150904175331d25.jpg
ノーマルな水餃子もオーダーして食べました。

北京周辺では、餃子というと水餃子が一般的。
焼餃子は、鍋貼とよばれますが、
水餃子で食べるほうが断然多いようです。

茹でて食べる水餃子は、皮がもっちりして、
しかもツルンとあっさり食べられます。


もう1品、ピリッとからい麻辣雞という鶏肉料理もおすすめです。
これは、現地在住のお友達がオーダーしてくれたもの。

どれもハズレなしだったけれど、
最後に食べたものは、このなかで、
いちばんおいしかったかも♪


IMG_6754_a.jpg
焼き鳥のようですが、実はこれは羊肉

北方料理ではおなじみの羊肉ですが、
私は中国料理で食べる羊はちょっと苦手なんです。

独特の臭みがどうしても気になってしまって。

それがたまらないっ!という羊肉ファンもいらっしゃいますが、
北海道で食べる新鮮なラム肉のジンギスカンなら、
なんとか食べられる、といったかんじ。

でも、これはおいしいから、と勧められて食べてみたら・・・

おいしい、食べやすい、もう1本食べたい!!!

という感動のお味でした(笑)

北京の屋台で売られているような、
スパイスたっぷりな羊肉串とは違って、
控えめな、けれど気のきいたスパイス加減で、
しかも羊のいやなにおいが全然しないのです。

もちろん羊の味はしているのだけれど、
長所をぐ~んと引き出しているようなかんじ。

ぜひ羊肉串も食べてみてくださいね。


山東餃子館は、深水埗(Sham Shui Po)に2店舗、
旺角(Mong Kok)に1店舗あります。

私たちが行ったのは、深水埗(Sham Shui Po)の元州街のお店でした。


山東餃子館
香港 深水埗元州街81C鋪




ブログランキングに参加しています。
ぽちっとクリックで応援してくださぁいね♪

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村



Tag:香港ローカルグルメ  comment:0 

チャイニーズベトナミーズでウェルカムディナー

2015年2月の旅日記 vol.3

2月に香港へ行ってきました。
その時の旅日記を、ようやく綴り始めました^^;

よろしければ、ぜひお付き合いくださいね。

今日はVol.3
1日目の夜のお話です。

IMG_6230_a.jpg
香港へ行く時は、友人宅に滞在します。

香港人の友人とは、もう15年以上のお付き合い。
7人姉弟(!) のうち、4姉妹とおつきあいがあり、
香港へ行くたびに、お世話になりっぱなしなのです。

感謝☆

初日は、空港からエアポートエクスプレスに乗り、
次駅の青衣(Tsing Yi)駅で友人にピックアップしてもらい、
いったん友人宅まで行って荷物を置き、
その後、ひとりで尖沙咀へ。

プロムナードでビクトリアハーバーの夕景をみたり、
重慶マンションで両替をしたりして用事を済ませ、
再び友人宅のある最寄り駅で待ち合わせ。

新界の荃灣西にあるショッピングモールの中にある、
ベトナム料理のお店で、ディナータイム。

この日、iPhoneの充電が切れてしまい、
写真を撮ることができなかったのが残念!

友人に撮ってもらったものを、
後でLINEで送ってもらいました。

LINEは、現地でも友人とのやり取りに、
すごく重宝しました☆


IMG_6234_a.jpg
友人の姉妹やダンナ様、子供ちゃんなど、
総勢6名で、ウェルカムディナーをごちそうになりました。

オーダーは、ほぼおまかせしたので、
メニューの名前や詳細はわからないのだけれど^^;
この麺は、かなり器が大きかった!

食べる時に、全体を混ぜ合わせていただきます。
器が大きいから、混ぜるのもなかなか大変な作業!

上げ膳据え膳で、すっかりおまかせしていた私(笑)


IMG_6251_a.jpg
麺は他にも2種類が運ばれてきました。

よく似ているけれど(笑)
よく見てみると、微妙に違うのでした。

香港で食べる料理は、ジャンルに限らず、
野菜がモリモリなのがうれしい♪


IMG_6236_a.jpg
インドネシア料理にも近いような気がするフライもの。
春巻も、生ではなくて揚げ春巻。

手羽元やスペアリブなど、骨付きは元々苦手で、
あまり食べないけれど、みんな好きみたいです。


IMG_6231_a.jpg
みんなのマネをして、レタスで巻き巻きして、
揚げ春巻を包んでみました。

レタス包み、何にでも合うのねぇ~(笑)


IMG_6235_a.jpg
チキンとライスの組み合わせは、
香港人がランチに好んでテイクアウトするメニュー。

これもベトナム料理というよりは、
中国料理でよく使うスパイス、八角が効いていました。

パラリとしたごはんに合います。


IMG_6233_a.jpg
こちらもインドネシアのサテに似た焼き鳥風。

6人もいると、テーブルもにぎやかだし、
みんなよくしゃべるしゃべる、
そして食べる食べる(笑)

香港で食べるベトナム料理は、
やっぱり香港テイストがしました。
スパイスが、より強く感じられます。

きっと日本のベトナム料理も、
本場の味を謳っているところでも、
どこか少し日本ナイズされているのかもしれません。

それが決して悪いというわけじゃなくて、
その国の水や空気、人々の食習慣によって、
少しずついろんなアレンジがされていくのでしょうね。


IMG_6229_b.jpg
食事の後は、場所を変えてデザートタイム♪

すっごくローカルなお店に連れて行ってもらいました。
でも、案内されて行くと、お店の名前も覚えていなくて、
場所もどの辺りだったのか、思い出せない。

残念すぎますね^^;

ふわふわのマンゴーシャーベットに、
いろいろなトッピングが楽しい。


IMG_0419_a.jpg
見た目はイマイチだけど(笑)

意外とおいしいマンゴーパンケーキ♪
緑色はメロンのパンケーキです。

味は、断然マンゴーがおすすめです。

マンゴー好きな私のために、
友人がオーダーしてくれました☆


IMG_6615_a.jpg
ビジュアルが美しくなく、申し訳ありません^^;

6人いるので6等分された後です。
中身がもっと見えていたらいいのだけど、
ちょっとわかりにくいですが、
パンケーキといっても、うすいクレープの皮に
ホイップクリームとマンゴーがサンドされています。

かなりキッチュでジャンキーなお味なのですが、
これがなかなかハマる!

胸焼けしそうになるので、たくさんは食べられないけれど、
一度ぜひ食べてみてほしいスイーツです♪



ブログランキングに参加しています。
ぽちっとクリックで応援してくださぁいね♪


にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村

Tag:香港ローカルグルメ  comment:0 

プロフィール

Hinako

Author:Hinako
フリーライターHinakoが綴る
甘くて辛い香港旅日記

フリーエリア
ブログランキング参加中♪
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。