スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

蓮香樓を横目で見ながら

2015年2月の旅日記 vol.19

IMG_9065_b.jpg
中環(Central)德輔道中(Des Voeux Road Central)にある
【羅富記粥麺専家(Lau Fu Kee)】で蝦雲呑麺でおひとりさまランチの後、
德輔道中(Des Voeux Road Central)を上環(Sheung Wan)方面へ。

山側へ延びる無数の路地を横切る時に、
さまざまな街の様子を垣間見ることができます。

しばらく歩いた後で、細い路地へ。
標識を見ると、永和街(Wing Wo Street)と書いてありました。

香港旅3日目の午後。
この日は1日、まったく何の予定もなく、約束もなく、
私も特にスケジュールを気にせず、好きなように街歩き。

中環(Central)周辺を少しお散歩してみます。


IMG_9072_b.jpg
旧正月前で、新年(春節)を迎えるための品々も、
たくさん売られていました。

餃子を揚げて作る料理も、旧正月(春節)に食べるもので、
香港人の友人が、以前送ってくれた大晦日の写真にも、
揚餃子を作る様子が写っていました。

餃子は、中国の昔のお金のカタチに似ているので、
年の初めに餃子を食べてお金持ちになる、というような
意味合いもあるのだとか。

日本人の年越しそばのような、縁起担ぎなんでしょうね。


IMG_9086_b.jpg
店の外に置かれたテーブルで、ランチタイムを過ごす人たち。
観光客には知り得ない、安くておいしいお店が、
ひしめき合っているのかもしれません。

おいしいかどうかは、別だけど(笑)

ローカルが集まるリーズナブルなお店が、
必ずしも日本人観光客にとって、おいしい、とは限らない
から(笑)


IMG_9073_b.jpg
通りがかりに見つけたお店。

私はついさっき、蝦雲呑麺のランチを食べた後だから、
おなかに余裕はないので、ちょっとウォッチング。

かなりの年季を感じさせる店構え。
時間は13時30分前後で、ちょうどランチタイムです。

香港では、ランチタイムは13時からが一般的で、
お店の中で食べる人もいれば、
テイクアウトして事務所で食べる人も多いですね。

並んでいる人の服装などからすると、
香港居民がほとんどなんじゃないかな?
日本人はまったく並んでいないし、
大陸からの観光客も見当たらないみたい。

値段はリーズナブルで、そこそこおいしいお店、
・・・ではないかと想像します。
でも、きっと日本人にはなじまないと思う、
お店の様子からして(笑)

日本でたとえるなら、オフィスの近くにある、
有名じゃないけど、家族経営のこぢんまりした、
お値段そこそこの味もまぁ悪くないうどん屋、関東ならおそば屋?
あるいは、めし屋さんのイメージです(笑)


IMG_9082_b.jpg
そのまましばらく歩いていると、蓮香樓がありました。

ここは、ガイドブックには必ずといっていいほど掲載されている、
超・超・有名店(笑)

衛生上の問題などから、
昔ながらのワゴンスタイルの飲茶が楽しめるお店が減っているなか、
ここでは今でもワゴンに飲茶をのせて運んできてくれて、
フタを開けて中身をチェックしながら、
食べたいものが選べる、というやりかたを続けているのだそう。

朝早めの時間帯に行くと、新聞を片手に、
ローカルのおじさま連がの~んびりと朝食を楽しむ、
まるで映画のワンシーンのような
カントニーズモーニング(笑)気分を味わえるようです。

一度行ってみたい!と思いつつ、
実はまだ未体験なのですよー!!!

蓮香樓に行きたい、って、香港人の友人に訴えてみたら、
え~高いよ?という、乗り気でないお返事が(笑)

ひとりでも、わりとどこへでもズカズカと入って行ける私ですが、
ここへは誰か同行者がほしいなぁ、と思っているうちに、
ずっと機会を逃しているのですよねぇ。

行ってみないと、いいも悪いもわからないし、
今度はチャレンジしてみないと(笑)

大人気の蓮香樓、並んでいる人を見てみると?
なにやら、学生さんたちがたくさんいますね。
他に並んでいる人も、明らかに香港ローカルではなく、
おそらく、大陸からの観光客ではないかと。
学生さんたちも、これはきっと香港人ではないな。

蓮香樓はローカルの学生さんたちが、
気軽に来られるお店ではないのです。
修学旅行的なもので香港にやってきた、
中国本土、または台湾の学生さんたち、と分析してみました。

すべて私の独断と偏見です(笑)
そんなことを考えながら、街を歩くのも楽しいです。

それにしても、日本人は減りましたね。


IMG_9075_b.jpg
皇后大道中(Queen's Road Central)に出たので、少し西方向へ。

道路がカーブしているから、まるで行き止まりのように見えます。
2階建てバスが行き交い、息苦しいほどのビルが折り重なる街。
こんな景色も、歩いているだけでウキウキしてくる(笑)


IMG_9089_b.jpg
卑利街(Peel Street)を山手方向へ。

色鮮やかな春節のお飾りを売るお店もにぎやか。

ゆるやかな坂を、息を切らしながら上っていきます。
ゆるやかだけれど、上ってみると意外とキツい(笑)


IMG_9091_b.jpg
こちらは、日本の門松のように、春節には欠かせない橙(だいだい)

ビルやアパートメントの入口には必ず飾ってありますね。
2月の香港旅は、旧正月(春節)前だったので、
街はにぎやかなお正月ムードが漂います。


IMG_9092_b.jpg
な~んにもしなくていい香港の午後、
こんなふうにのんびりと、なんの制約もなく、
自由気ままに歩き回れる時間がもてるなんて、贅沢!

このうえない開放感に包まれながら、
3日目午後の中環(Central)クルーズは、まだまだ続きます(笑)



ブログランキングに参加しています。
下記のバナーを、ぽちっとクリックして
応援してくださぁいね♪


にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村








関連記事
スポンサーサイト

Tag:街歩き香港島  comment:2 

Comment

こえだ URL|敷居が高い。
#hBKLznq6 Edit  2015.11.27 Fri20:47
紹介して下さるこうした写真を拝見してると、じつは中環って彩り豊かな街なんだなって思います 【 「中環の表じゃなく裏通り」 って言う方が正しいですよね:笑 】。
タイトルがとても素敵。そう(別な意味で)、蓮香樓って横目で見ながら通り過ぎることが多くて。お友達が仰ってたように「高い」。これは値段の高さもありますし、 【 敷居の高さ 】 もあるような?
・・・朝方の時間はご常連さんが定位置で座ってらっしゃるからその椅子にうっかり座っちゃ申し訳ない。。。昼は昼で、 “ すさまじい席取り合戦&点心争奪戦 ” を越えないと座れないから、遠慮しがちな日本人は腰が引けちゃう。・・・そんなこんなで 「 【敷居が】高い 」 ような気がしてます。
だから、ついつい蓮香樓を横目で見ちゃうだけでスルー(笑)。でも、でも、Hinakoさん、ぜひ突撃して下さい!!

~お仕事お忙しいようですね。どうかお身体はご自愛くださいね。~
Hinako URL|こえださん、ありがとうございます
#22hNL7Yc Edit  2015.11.30 Mon23:04
セントラルも、にぎやかなエリアもあれば、
のどかな場所もあって、ほんと飽きないですよねぇ♪
蓮香樓へ行ってみたいと思いつつ、
なかなかひとりでは、ほんと敷居が高いです(笑)

次回、香港へ行ったら、誰か付き合ってくれないかなぁ??
今度こそレポートできればいいのだけれど^^

こえださん、いつもありがとうございます!
comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

Hinako

Author:Hinako
フリーライターHinakoが綴る
甘くて辛い香港旅日記

フリーエリア
ブログランキング参加中♪
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。